Merck

GCカラム・アクセサリー・GC担体

ガスクロマトグラフィー(GC)は、不活性キャリアガス(移動相)を使用して揮発性化合物を迅速に分離するために用いられるクロマトグラフィー技術です。移動相は、固体または液体の固定相でコーティングされた加熱カラム内でガス状化合物を移動させます。気化した化合物の化学的/物理的特性の違いと、それらの固定相との相互作用が分離プロセスの基礎となります。 

注目の製品:


製品

関連性で並べ替え
表示中 1-20 653
1 / 33 ページ
表示中 1-20 653
比較する
製品番号
製品名
製品内容
価格
1 / 33 ページ


GCカラム

クロマトグラフィー分離の向上は、適切なカラムを選択することから始まります。GCには、キャピラリーカラムとパックドカラムの2タイプのカラムがあります。

パックドGCカラム

パックドGCカラムは、ステンレススチール、PTFE、またはガラス製のチュービングに充填剤(固定相)を詰めたものです。パックドカラムは大容量の試料を処理でき、汚染の影響を受けにくくなっています。ガラス製カラムは高い不活性を必要とするアプリケーションに用いられ、金属製カラムは不活性がそれほど必要とされないアプリケーションに活用されています。そしてPTFEカラムは低温アプリケーションに好まれます。

キャピラリーGCカラム

キャピラリーGCカラムは高感度分析に最適です。キャピラリーカラムは、固定相がカラム内表面に化学的に結合またはコーティングされた薄い溶融シリカのガラス製チューブで構成されています。

非極性GCカラムは、非極性化合物(アルカンなど)の分析に最適です。Equity®-1、Petrocol®、SPB®-1、SPB®-Octyl、SLB®-5msは、非極性化合物の分離におすすめの製品です。極性分析対象物の分離には、極性GCカラムが最も効率的です。極性化合物の最適な分離を実現する極性カラムとしては、SPB®-624、OVI-G43、SPB®- 20、Equity®-1701、SPB®-35、SPB®-50、SPB®-225、PAG、SPB®-1000、SLB®-IL60i、Nukol™などがあります。

高極性カラムには、シアノプロピル官能基の割合が高い固定相を含むものがあります。これらの相は、極性化合物の分離に適したさまざまな相互作用を示します。分極性化合物とは、CとHを含み、1つ以上のC=CまたはC≡C結合を有する化合物をいいます。高極性キャピラリーカラムには、SP®-2330、SP®-2331、SP®-2380、SP®-2560、SP®-2340、TCEP、SLB-IL111iなどがあります。

GCアクセサリー

GCセプタム、インレットライナー、インレットシール、フェラル、ナット、ガードカラム、コネクター、流量計、ハンドツール、シリンジ、バイアル、光イオン化検出器(PID)ランプなど、一般的なGC機器に適したGCアクセサリーを取り揃えています。

ガス精製とガス管理

ガス供給システムでは、その使用目的に応じて、高純度の移動相ガスを適切な圧力で供給する必要があります。私たちは精製器、配管製品、調整製品などの、ガス流体(He、H、N、Ar)を精製/管理する製品のほか、ガス発生器や空気圧縮機を提供しています。

カーボンGC吸着剤

私たちは、高機能なカーボン吸着剤(CarbosieveGraphsphere™CarbotrapCarbopack™)や、GC分析用に一般的に使用されているモルキュラーシーブや多孔質ポリマーの吸着剤を提供しています。カーボン吸着剤の主な特徴は以下の通りです。

  • 硬くて壊れにくい
  • 高度な多孔性
  • 疎水性のため、湿度の高い環境にも適している
  • C2-C5 n-アルカン程度の化合物に使用




ログインして続行

続きを確認するには、ログインするか、新規登録が必要です。

アカウントをお持ちではありませんか?