Merck

HPLCカラム

分離プロセスを向上させるHPLCカラムおよびUHPLCカラムをご覧ください。

Supelco® のHPLCカラムおよびUHPLCカラムは、高速U/HPLC、LC-MS、生体高分子の分離やさまざまな業界で規制されている薬局方や公定法など、今日の要求に対応しています。Supelco® のHPLC製品には、Fused-Core粒子技術モノリス型シリカ、および超高純度シリカを含む全多孔性粒子があります。さらに、高いpH安定性を実現する、多孔質グラファイトカーボン(PGC)粒子、ポリマー粒子、酸化アルミナ、ジルコニア粒子を用意しています。

注目の製品:



関連製品資料


    多孔質グラファイト カーボン (PGC) 粒子

    Supel™ Carbon LC カラムのような多孔質グラファイト カーボン (PGC) カラムは、シリカ粒子を充填したカラムにはない独自のクロマトグラフィー特性を提供します。  全pH 範囲だけでなく高温 (> 200 °C) でも使用できるため、クロマトグラファーにとって新たな境地が開かれます。

    表面多孔性シリカ粒子(SPP)/Fused-Coreテクノロジー

    表面多孔性シリカカラムは、同じサイズの全多孔性粒子よりも高速で効率性に優れています。Ascentis ExpressやBIOshell™などのFused-CoreHPLCカラム は、あらゆるHPLCシステムを、非常に高速度で優れた性能を発揮する高速HPLCワークホースに変換することができます。

    モノリス型シリカ

    • モノリス型シリカベースのChromolith HPLCカラムは、マトリックス耐性が高く、カラム寿命が長い、非常に低いカラム背圧で高速分離が可能であるため、マトリックスに富む試料のハイスループットでコスト効率の高い分析に適した製品です。
    • Chromolith HPLCカラムは、モノリス型シリカからなり、2 µmのマクロ細孔と13 nmの中間細孔を持つ二元細孔構造を有します。この構造は、カラムにさまざまな利点をもたらします。
    • Chromolith WPカラムは、高純度の多孔質シリカの1本の連続したロッドからなる広い細孔(300 Å)のモノリス型シリカカラムです。このカラムは、長寿命で安定した性能を発揮するため、従来のカラムと比較して、大きな潜在性を示しています。さまざまなRP相に加えて、お客様のご要望に応じた変更を可能にするProtein Aアフィニティカラムやエポキシカラムもご用意しています。

    全多孔性シリカ粒子(FPP)タイプB(高純度シリカ)

    • Purospher® STAR HPLCカラムおよびUHPLCカラムは、塩基、中性、および金属キレート剤の試料のピークテーリングのない分離に適しています。その優れた性能と安定性により、pH安定性を高めた分析法開発での最大限の柔軟性が得られます。
    • Discovery HPLCカラムは、生体分子や低分子の分析に効果的です。これらのカラムは、極性および非極性の結合を有し、LC-MSアプリケーションに対応したユニークな保持、選択性、およびノンブリード特性を備えています。
    • Ascentisカラムの固定相は、幅広い選択性を有しています。タイプBのシリカは、カラムを不活性で安定したものにし、再現性を高めます。シリカの高表面積は、高い調製のローディングキャパシティに適しています。
    • SeQuant® HILIC(親水性相互作用液体クロマトグラフィー)HPLCカラム は、強く結合した双性イオンの官能基を有します。これらのカラムは、さまざまな長さ、粒子径、孔径のものが揃っており、優れた再現性と堅牢性があります。
    • Sepax HPLCカラムは、主にペプチドやタンパク質の分析に使用される多孔性シリカベースのカラムです。

    全多孔質シリカ粒子(FPP)タイプA(従来型シリカ)

    • SupelcosilシリカベースHPLCカラムラインは、微小孔から分取スケールまでの粒子径とカラム構成を揃え、幅広い種類の結合相化学物質を有しています。これらのカラムは、極性、非極性、および帯電した分析対象物に対して優れた効率性を発揮します。
    • LiChrospher®およびSuperspher HPLCカラムは、汎用性と信頼性に優れ、何千もの確立されたHPLC分析法で実証されています。
    • LiChrosorb® HPLCカラムには、分析スケールの5 µmから製造スケールの大粒子までの不規則なシリカ粒子が充填されています。
    • TSKgel* HPLCおよびUHPLCカラムは、ゲルろ過、ゲル浸透、イオン交換、逆相、疎水性相互作用、親水性相互作用、およびアフィニティークロマトグラフィーに使用できます。(米国とヨーロッパでのみ利用可能)

    全多孔性ポリマー粒子

    • apHera™逆相およびアミノHPLCカラムは、pH 2~12で安定しており、アルカリ性溶液での洗浄にも適しています。ペプチド、小タンパク、炭水化物、極性薬物、有機酸の分析に最適です。
    • Supelcogel HPLCカラムには、ポリスチレン-ジビニルベンゼン共重合体(PS-DVB)が充填されており、化学的に安定しています。PS-DVB共重合体の2つのバリエーション(架橋度6%および8%)により、試料の分離プロセスが最大化されています。
    • 非常に不活性であるHamiltonポリマー逆相HPLCカラムは、効率的で耐久性に優れ、機械的および熱的に高い安定性を有します。
    • TSKgel* HPLCおよびUHPLCカラム は、タンパク質、ペプチド、およびその他の生体分子の分離に使用できます。孔径が異なるシリカ粒子およびメチル系粒子を含むカラムは、幅広い分子量の分析対象物に対応できます。(米国とヨーロッパでのみ利用可能)

    キラルHPLCカラム

    さまざまなアプリケーションに対応した多様なキラルHPLCカラムを取り揃えています。

    • Astec CYCLOBOND™キラルカラムは、結合シクロデキストリン相を有するため、有機分子の選択的な化学分離が可能です。
    • Astec CHIROBIOTICTM キラルカラムは、高純度シリカゲルに結合させた大環状糖タンパク質をベースとし、LC-MSのキラルアプリケーションに使用できます。
    • DMPC(3,5-ジメチルフェニルカルバメート)をコーティングした球状の高純度多孔質シリカを用いたAstec Cellulose DMPキラルカラムは、順相、極性有機、SFCの各条件下で広範囲のキラル化合物を分離できます。
    • Astec Copper Ligand Exchangeキラルカラムは、ヒドロキシ酸、アミノ酸、二官能性ラセミ化合物、その他アミン類の分解に有効です。




    関連ウェビナー

    ウェビナー:Tips & Tricks to Improve MS sensitivity
    ウェビナー:Tips & Tricks to Improve MS sensitivity

    このウェビナーでは、LC-MSにおける不純物や汚染の発端や問題点を詳しく説明し、高品質で高感度なLC-MS分析を可能にするためのヒントやコツを紹介します。

    ウェビナー:Supel™ Carbon LC Columns: New Tools for the Chromatographer’s Tool Box
    ウェビナー:Supel™ Carbon LC Columns: New Tools for the Chromatographer’s Tool Box

    固定相物質である、多孔質グラファイトカーボンは全多孔質のカーボンベースの物質であり、低分子やより小さなタンパク質やペプチドの分析が可能です。

    ウェビナー:Improving Bioanalysis Workflows
    ウェビナー:Improving Bioanalysis Workflows

    LC-MSによるモノクローナル抗体の定量は、試料の調製からLC-MSによる定量までのワークフローが複雑なため、困難な分析課題となっています。このウェビナーでは、ヒトや動物の血清中のモノクローナル抗体やタンパク質を定量するためのシンプルでハイスループットな方法を紹介します。

    Reflecting on Chiral: Strategies and Tools for Efficient Enantiomer Separations Webinar
    ウェビナー:Reflecting on Chiral: Strategies and Tools for Efficient Enantiomer Separations

    このセミナーの焦点は、キラル化合物を含むサンプルの特性評価において過去数年間に採用されたさまざまな戦略と方法の概要を提供することです。

    ウェビナー:Advances in Liquid Chromatography Separations Employing Carbon Particles
    ウェビナー:Advances in Liquid Chromatography Separations Employing Carbon Particles

    このプレゼンテーションでは、従来の「シリカHPLC」では分離が難しいと分類されていた化合物の分析における、「カーボンHPLC」の過去2年間の進歩に着目します。

    How to Increase The Cost Effectiveness for HPLC Separations of Challenging and Matrix-rich Samples Webinar
    ウェビナー:How to Increase The Cost Effectiveness for HPLC Separations of Challenging and Matrix-rich Samples

    「困難なサンプルとマトリックスが豊富なサンプルの HPLC 分離の費用対効果を高める方法」に焦点を当てたウェビナーに参加して、より高速な分離と非常に高いマトリックス耐性を提供するカラム材料によりラボの生産性を向上させ、コストと時間の節約の可能性を確認しましょう。


    *東ソー・バイオサイエンスのカラムは、以下の国でご利用いただけます。

    Albania
    Andorra
    Argentina
    Armenia
    Austria
    Azerbaijan
    Afghanistan
    Algeria
    Albania
    Armenia
    Azerbaijan
    Belarus
    Belgium
    Belize
    Bolivia
    Bosnia & Herzegovina
    Brazil
    Bulgaria
    Bahrain
    Belarus
    Bosnia-Herz
    Botswana
    Burkina-Faso
    Canada
    Chile
    Colombia
    Costa Rica
    Croatia
    Cuba Dominican Republic
    Cyprus
    Czechia
    Cameron
    Central Afr.Rep
    Chad
    Congo
    Congo dem.Rep.
    Croatia
    Denmark
    Djibouti
    Ecuador
    Egypt
    El Salvador
    Eritrea
    Ethiopia
    Estonia
    Finland
    France
    French Guiana
    Georgia
    Germany
    Greece
    Gabon
    Georgia
    Ghana
    Guatemala
    Guyana
    Haiti
    Honduras
    Hungary
    Iceland
    Ireland
    Italy
    Iraq
    Israel
    Kazakhstan
    Kosovo
    Kazakhstan
    Kenya
    Kosovo
    Kuwait
    Kyrgyzstan
    Lebanon
    Libya
    Latvia
    Liechtenstein
    Lithuania
    Luxembourg
    Madagascar
    Malawi
    Malta
    Mauretania
    Mauritius
    Mexico
    Moldova
    Monaco
    Montenegro
    Moldavia
    Mongolia
    Morocco
    Mozambique
    Nicaragua
    Nigeria
    Netherlands
    North Macedonia
    (formerly Macedonia)
    Norway
    Oman
    Panama
    Paraguay
    Peru
    Poland
    Portugal
    Puerto Rico
    Qatar
    Russia
    Rwanda
    Romania
    Russia
    San Marino
    Serbia
    Slovakia
    Slovenia
    Spain
    Sweden
    Switzerland
    Saudi Arabia
    Senegal
    Serbia
    Serbia-Montenegro
    South Africa
    Suriname
    Tadzhikistan
    Tanzania
    Togo
    Tunisia
    Turkey
    Ukraine
    Uruguay
    Turkmenistan
    United Kingdom (UK)
    United States of America
    Uganda
    Ukraine
    Utd.Arab.Emir.
    Uzbekistan
    Vatican City
    Venezuela
    Yemen
    Zambia
    Zimbabwe
    ログインして続行

    続きを確認するには、ログインするか、新規登録が必要です。

    アカウントをお持ちではありませんか?