Merck

オルガノイド

ヒトiPS細胞由来結腸オルガノイド、SCC300の蛍光染色

オルガノイドは、さまざまな組織や器官の生理的特性やゲノム特性の多くを再現している、3D培養下で増殖する複雑な細胞集団です。オルガノイドは胚性幹細胞(ESC)、人工多能性幹細胞(iPSC)または成体幹細胞(ASC)のいずれかの由来で、一連の制御可能なシグナル伝達刺激により、それぞれの生理学的組織にみられる細胞型と類似した、多様な細胞型セットに分化します。

特定の種類のオルガノイドに対する培養および分化条件が確立されると、基本的な細胞培養法で再現性高く作成できるようになります。過去数十年に、この分野では興味深い進歩が爆発的に起こりました。例えば、新しいタイプのオルガノイドの作成や特性評価が行われ、またこれらのオルガノイドの応用によって、基礎生物学研究が進展し、新薬の開発が進みました。

オルガノイドのアプリケーション

オルガノイドは、個別化治療の開発などのトランスレーショナル研究に有用なツールとなる可能性があります。それらの研究では、個々のヒト患者由来のin vitroモデルの培養によって、個々の患者に合わせた治療薬の開発が実現するかもしれません。

オルガノイドは再現可能であるため、異なる患者(または同じ患者の別の組織由来の細胞)から得られたオルガノイドのゲノム、プロテオーム、形態および機能特性の評価を並行して実施できます。特に、がんの研究に用いられるオルガノイド(しばしばスフェロイドと呼ばれます)は、元の腫瘍サンプルに認められるある種の特性を保存していることが明らかになっています。オルガノイドは、ONIXマイクロ流体システムなどのマイクロ流体培養装置など、他の最新の研究技術と併用して、最新のorgan-on-a-chipモデルを作成したり、CRISPRのような遺伝子編集ツールによりそのモデルをさらに改良することもできます。

3dGRO™ヒト結腸オルガノイド

ヒト腸管上皮の制御可能かつ再現可能な利用しやすいモデルを必要とする研究者のために、ヒトiPSC由来結腸オルガノイド、関連培地、および専門家による検証済みプロトコルが用意されています。これらのオルガノイドは、天然のヒト結腸組織を代表する構造の複雑性や遺伝子/プロテオームの多様性を実現しています。iPSCから結腸オルガノイドへの分化について詳しい情報の取得または結腸オルガノイドの購入を検討する場合、このテクニカルプロトコルをご覧ください

3dGRO™ヒト肺オルガノイド培養システム

3dGRO™ヒト肺オルガノイド培養システムにより培養したヒトiPSC由来肺オルガノイド

私たちのヒトiPSC由来肺オルガノイド分化システムにより、ヒト肺上皮のオルガノイドモデルの培養に必要な、制御可能かつ再現可能な利用しやすいシステムが提供されています。このシステムは、ヒト肺上皮の肺マーカー発現など、構造的組織および細胞の不均一性を反映する、3Dの分岐気道モデルを作成するための検証済みの手法です。詳細情報および肺オルガノイド製品の購入を検討する場合は、こちらをご覧ください

3dGRO™患者由来オルガノイド消化管バイオバンク

この十分に特性評価された、凍結乾燥オルガノイド製品は、患者サンプルから倫理的に採取されたものです。このバイオバンクには、健康および罹患組織の両方を代表するさまざまな消化管領域から抽出した多数のドナー由来のサンプルがあります。これらのサンプルにより、ヒトの胃、小腸または大腸に関係する基礎生物学や創薬を検討している研究者に、最適化された培養培地ですぐに使えるPDOが提供されます。この検証済み製品に関する詳細については、こちらの技術資料をご覧ください。

3dGRO™患者由来オルガノイド肺バイオバンク

私たちの3dGRO™ヒト肺オルガノイドは、肺がんおよび化学療法に対する患者の反応を研究する研究者にとって理想的なモデルです。複数のドナーから倫理的に取得したこの認証済みオルガノイドポートフォリオには、患者由来の異種移植片、転移性患者組織、または原発腫瘍から採取した腺がんおよび扁平上皮がんのオルガノイド株が含まれます。この製品は、複数の性別、年齢、および変異プロファイルの健康または罹患オルガノイド株で構成されています。この検証済み製品に関する詳細は、こちらの技術資料をご覧ください。