Merck
ホーム製品細胞培養・細胞解析3D細胞培養3D細胞培養用スキャフォールド(足場)

3D細胞培養用スキャフォールド(足場)

ランダムに配向したナノファイバー製スキャフォールド上で細胞を増殖すると、生理学的に類似した形態を示すようになります(Z694495)。

哺乳類細胞を、in vivoの複雑な三次元(3D)環境中で増殖させます。細胞を取り囲む細胞外マトリックス(ECM)の形状と化学組成により、多くの生理学的反応をもたらすことができます。従来の細胞培養技術やプロトコルは、通常ガラスまたはポリスチレンでできた二次元(2D)の表面上で行われます。2D法はアクセスが容易で便利ですが、2D条件下で培養した細胞を用いた研究では、いくつかのよく知られたアーチファクトが生じます。In vitroの3D環境で細胞を培養するための先進的な細胞培養法とプロトコルが開発されています。 

一般的に、三次元環境で細胞の増殖を促進するためのツールは、スキャフォールドフリー型およびスキャフォールド提供型の技術に分けられます。3D細胞培養のために確立されたアプローチでは、通常、細胞外マトリックス(ECM)を生理学的に模倣するように配置されたバイオポリマーで構成されたスキャフォールド上で細胞を増殖します。これらのスキャフォールドの多くは、従来の細胞培養実験で使いやすいインサートとして設計されています。その他の例では、人工臓器の開発、細胞製品の大量生産用バイオリアクターの確立または培養肉開発と同様に、3Dスキャフォールドを複合組織工学プロジェクトの出発点として利用可能です。アプリケーション用に私たちが提供する3Dスキャフォールドの種類は以下のとおりです。 

3D細胞培養用スキャフォールドにより、生理学的に適切な細胞培養が促進されます。

ナノファイバー製スキャフォールド(足場)

ナノファイバー製培養用ディッシュ、マルチウェルプレートおよびプレートインサートが、2D細胞培養と3D細胞培養との間のギャップを埋める手助けになります。ナノファイバーは透明で、生きた細胞の移動する様子をリアルタイムで画像化および定量化することが可能です。in vivoにおける3D構造を再現するこのナノファイバーを、例えばがん研究などで必要な場合は、細胞外マトリックスタンパク質でコーティングすることもできます。下流での分析用に、細胞をナノファイバー製スキャフォールドから簡単に回収することも可能です。

ナノファイバー製スキャフォールドの上で増殖した細胞は、急速に増えて効率よく分化します。この方法では、動物製品を含む支持マトリックスの影響が排除されています。このため、ナノファイバーはIHCおよび幹細胞アプリケーションに最適です。通常のプレートを用いるため、創薬およびADME/Tox試験用の自動化されたハイスループットな化合物スクリーニング機器に適合します。プレート用またはディッシュ用の配向型ファイバーまたはランダムに配向したファイバーから、お選びください。

コラーゲン製スキャフォールド(足場)

SpongeCol®スキャフォールド(足場)は、円柱型の多孔質コラーゲンスポンジです。これらのユニークな円柱型スポンジの多孔質ネットワークが、あらゆる方向からの細胞と細胞外栄養素の流入を可能にし、細胞の付着する表面積が拡大するため、細胞の増殖と遊走が促進されます。コラーゲンスポンジ製のスキャフォールドは、精製されたI型コラーゲンで構成されており、細胞の付着と増殖を支持します。SphereCol®ビーズは、培養ヒト線維芽細胞由来の精製されたヒトI型コラーゲンでコーティングされており、細胞の正常な増殖と機能が促進されます。

ポリスチレン製およびポリカプロラクトン製スキャフォールド(足場)

3D Biotek社製の多孔質ポリスチレン製インサート型3Dスキャフォールド(足場)ポリスチレンの利点には、細胞増殖を促進することと、透明で顕微鏡による観察に適していることが挙げられます。ポリカプロラクトン(PCL)製スキャフォールドは、3D組織培養用の代替材料です。生分解性ポリマーであるPCLは、外科用インプラントの製造に用いられています。その生分解性により、組織工学的アプリケーションに適したスキャフォールド材料でもあります。スキャフォールド提供型の生分解性PCL 3Dインサートは、お客様の幹細胞/組織工学研究のニーズに合わせて精密にコントロールされた多孔質構造のインサートです。

CellCrown™培養用インサート

CellCrown™インサートは、6ウェル、12ウェル、24ウェル、48ウェルまたは96ウェルプレートにサンプルを固定するための使い捨て型インサートです。CellCrown™インサートを用いて、組織だけでなく、繊維、ホイル、膜および布をウェル内の安定した位置に固定することができます。ピペットの先をウェルの壁とインサートの間に差し込むことにより、ウェル内のサンプルを固定したまま、培地の交換が可能です。






ハイライト

動画:ナノファイバーソリューション

ログインして続行

続きを確認するには、ログインするか、新規登録が必要です。

アカウントをお持ちではありませんか?