Merck

植物培養培地

植物の細胞、組織および器官の培養のための植物培養培地

胚、生長点、カルスおよび茎頂培養を含む、植物組織を研究室で成長させるには、特別な植物培養培地が必要です。ムラシゲ・スクーグ培地(MS培地、MSOまたはMS0とも呼ばれます)とGamborg B5培地の2つは、植物培養に用いられる最も基本的な培地です。これらの培地には、植物の細胞、組織および器官がin vitroで成長および増殖するのに必要な微量栄養素、主要栄養素、ビタミン、有機添加物および植物成長調節因子がすべて含まれています。より特別な組成が必要なアプリケーション用に、基礎塩混合物、ビタミン溶液および添加物の包括的なセレクションを取り揃えています。

ムラシゲ・スクーグ(MS培地)

研究用およびバイオテクノロジー用の植物組織培養の大半で、今日でも50年以上前にムラシゲとスクーグが報告した培地が使用されています。彼らの名前を冠したムラシゲ・スクーグ(MS培地)は、最も広く用いられている植物培養培地であり、基礎塩混合物または有機物を含む培地として入手できます。

その組成にかかわらず、MS培地は、微量栄養素と主要栄養素に加えて、糖類、ビタミンおよび成長調節因子などの植物に必要な栄養素で構成されています。さまざまな構成のMS培地を特別に混合して、それぞれの植物細胞や組織の種類に合った培地が作られています。

Gamborg B5培地

Gamborg B5培地は、植物の細胞、組織および器官のin vitro培養のために最適化された培養培地です。無機塩、ビタミンおよび炭水化物の混合物を含んでいます。私たちは、最少有機物含有Gamborg B5培地、Gamborgビタミン溶液およびGamborg B5基礎塩混合物を取り揃えています。

Phytamax™ラン培養培地

Phytamax™ラン増殖培地およびPhytamax™ラン維持培地は、ランの茎の培養、増殖および再播種のために使用されます。Phytamax™のラン培養培地は、活性炭付きまたは無し、活性炭とバナナパウダーの両方が付属する製品からお選びください。


製品

関連性で並べ替え
表示中 1-20 169
ページ 1 9
ページ 1 9
表示中 1-20 169
製品番号
製品内容
価格
ページ 1 9
ページ 1 9

関連製品資料