Merck

接着因子

哺乳類細胞を、細胞外ポリマーとin vivoにおけるシグナル伝達分子との複雑な混合物内で増殖させます。細胞外マトリックス(ECM)と呼ばれるこの混合物と細胞とが相互作用することが、細胞の増殖と分化、形態学的特性の出現および細胞の運動を含む生理学的プロセスにとって不可欠です。一部のin vitroで培養された細胞は、ガラス製またはポリスチレン製の培養チャンバーの上で増殖したときに容易にECM成分を発現および分泌する能力を持っています。それ以外の細胞は、容易にECM成分を生産できないため、培養表面に接着できない場合は培養が困難になり、これらの細胞の生理学的プロセスを予測するためのモデルとしての能力が制限されます。これに対する解決策のひとつは、ECMの成分あるいは、細胞とECMとの間の相互作用を模倣する合成ポリマーを使って培養用品をコーティングすることです。接着因子と呼ばれるこれらの成分は、健康な生きた細胞をin vitroで培養するために不可欠な成分である可能性があります。

基本的な接着因子

天然および合成接着因子が数多く開発されており、細胞培養アプリケーションで使用されています。 一部の例では、実験的に特定の細胞培養条件が適しているかどうかについて、接着因子を検証しなければなりません。細胞培養条件を最適化する際に検討すべき一般的な接着因子のリストは以下の通りです。

  • ラミニン
  • フィブロネクチン
  • ポリ-L-リシン
  • ポリ-D-リシン
  • コラーゲン
  • ビトロネクチン
  • トロンボスポンジン
  • ガレクチン
  • ニドゲン-1

接着因子の選択

これらの接着因子の多くは生物学的起源が異なっており、複数のアイソフォームが存在します。ポリ-L-リシンなど、一部の接着因子は純度の高い合成品です。特定のアプリケーションでは、(コラーゲンなどの)特定の因子のペプチド断片が、完全長タンパク質の代替品として有用です。細胞培養アプリケーションにおける簡便性を考慮して、培養用品をコーティングしやすいように市販の接着因子の多くは液体です。さらに効率を高めるために、あらかじめ培養表面が接着因子でコーティングされている製品は、時間の節約になり、かつ再現性が向上します。


製品

Sort by Relevance
Showing 1-20 of 171
Page 1 of 9
Page 1 of 9
Showing 1-20 of 171
Compare
Product Number
Product Description
Pricing
Page 1 of 9
Page 1 of 9