Merck

ホルモン

細胞培養グレードのホルモン添加剤は、特定の細胞培養アプリケーションにおいて成長と増殖を促進します。

培養細胞は、増殖と分化のために栄養素の供給を必要とします。哺乳類用の細胞培養培地には、塩類、炭水化物アミノ酸ビタミン、脂肪酸、脂質成長因子、ホルモン、微量元素および血清がバランスよく含まれ、pHが調整されています。ホルモンは、細胞種特異的に作用して、細胞の増殖を促進します。一部の細胞には、in vitroの培養環境で増殖するために、ホルモンの補充が必要です。

細胞培養グレードのホルモン添加剤

  • デキサメタゾンは、細胞培養において、アポトーシス、細胞のシグナル伝達経路、細胞の分化、および遺伝子発現を研究するために使用されます。
  • エリスロポエチンは、赤血球系前駆細胞の増殖、分化および生存を促進します。
  • β-エストラジオールは、細胞の分化と形質転換の研究に用いられます。β-エストラジオールは、乳がん細胞や卵母細胞の培養に用いられてきました。
  • ペプチドホルモンであるグルカゴンは、一部の培養および動物モデル(例えば、マウスのグルカゴンへの反応を測定する)のアプリケーションにおいて、添加剤として用いられています。
  • ヒドロコルチゾンは、上皮および内皮の接着細胞培養アプリケーションに使用される場合があります。
  • ペプチドホルモンであるインスリンは、多くの哺乳類細胞の培養系において成長因子として用いられています。
  • プロゲステロンは、上皮細胞の培養で成長促進ホルモンとして用いられています。
  • 脂質ホルモンであるプロスタグランジンE1プロスタグランジンE2は、一部の哺乳類細胞の培養アプリケーションで用いられています。
  • 甲状腺で作られる3,3',5'-トリヨード-L-チロニン(T3)とその前駆体のチロキシン(T4)ホルモンは、一部の細胞培養アプリケーションで添加剤として用いられています。

製品

関連性で並べ替え
表示中 1-20 33
ページ 1 2
ページ 1 2
表示中 1-20 33
製品番号
製品内容
価格
ページ 1 2
ページ 1 2



関連製品資料

Cell Culture Manual