Merck
ホーム製品化学・生化学試薬生化学試薬アガロース:特性・研究用途

アガロース:特性・研究用途

DNA分離に使用されるアガロース電気泳動ゲルの調製中の紫外線ライトボックスのクローズアップ

私たちは研究用途すべてに対応するために、さまざまなゲル強度、溶解温度、ゲル化温度、電気浸透(EEO)レベルの幅広いアガロース製品を提供しています。信頼できるアガロースソースを維持しつつ、妥協のない品質と一貫性の基準をお客様に提供できるよう新しい生産能力を開発し続けています。

pHast Pack™ READY-TO-POURアガロースゲル

実験時間が限られていませんか?pHast Pack™は、TAEバッファー中に1%アガロースまたはTBEバッファー中に1%アガロースを含むReady-to-Pourのアガロースゲルです。作業の手間をなくすように設計されているため、研究により多くの時間を費やすことができます。水と混合してゆっくり温めるだけで、粉末混合物が溶解し、信頼性の高い電気泳動用アガロースゲルをすぐに調製できます。 



アガロースとは?

アガロースは、寒天または寒天の原料となる海藻(オゴノリ、テングサなど)から分離精製されたポリサッカライドです。アガロースは天然のポリマーであり、β-D-ガラクトースと3,6-アンヒドロ-L-ガラクトースを単位とするアガロビオースを繰り返す化学構造で構成されています。線形アガロースポリマーは、柔軟な繊維を生み出し、使用するアガロースの量によって、直径50 nm~200 nmの孔を持つ網状の鎖を形成します。

アガロースの使用法

アガロースは無毒であり、核酸電気泳動、免疫拡散法、組織培養における細胞用ゲルプレートまたは重層、細胞培養用培地、ゲルクロマトグラフィー、アフィニティークロマトグラフィー、イオン交換クロマトグラフィーなど、多くの用途でゲル化剤に適した特性があります。ゲル電気泳動は、DNA分離やDNA検出などで、分子のサイズに基づいて生体分子を抽出するために使用される一般的なライフサイエンスの実験技術です。

アガロースの重要な特性

硫酸塩含有量-硫酸塩は主要なイオン基として存在するため、純度の指標として使用されます。

ゲル強度-ゲルを破壊するためにゲルに加えなければならない力

ゲル化温度-アガロース溶液を冷やしたときにゲルになる温度。アガロース溶液は、液体からゲルへ変化するときにヒステリシスを示します。つまり、ゲル化温度は溶解温度と同じではありません。

電気浸透(EEO)-ゲルを介した液体の移動を指します。アガロースゲルの陰イオン基は、マトリクスに固定されているため移動できませんが、解離性対カチオンはマトリクスの陰極に向かって移動してEEOを生成します。バイオポリマーの電気泳動は、通常陽極に向かうため、EEOは内部対流により分離を阻害する可能性があります。


ログインして続行

続きを確認するには、ログインするか、新規登録が必要です。

アカウントをお持ちではありませんか?