Merck

抗生物質

分子の概略図

細胞培養液に抗生物質を使用することで、細胞培養において形態学的または生理学的変化を引き起こす病原体のコンタミネーションや、細胞株のコンタミネーションを防ぐことができます。ペニシリン、ピューロマイシン、アンピシリンなどの抗生物質は、細胞壁合成、核酸代謝およびタンパク質合成を阻害または制御することで、または膜構造を破壊することで、標的とする細胞を特異的に死滅させる分子です。

研究開発において信頼性のある結果を得るため、抗生物質、抗生物質抽出キットおよびさまざまな濃度の調整済み溶液を幅広く提供しています。抗菌薬、抗ウイルス薬、抗真菌薬および抗がん薬は、細胞培養中のコンタミネーションを制御して除去し、ラボの無菌状態を維持します。さらに、特定の抗生物質は選択剤としても機能し、お客様の研究ニーズによって、形質転換した/遺伝子改変された細胞を構築することができます。

アプリケーション情報、活性スペクトルおよび使用データから、お客様の細胞のコンタミネーション予防、遺伝マーカー選定および細胞生物学研究に適切な抗生物質を選択することができます。作用機序別または活性スペクトル別に抗生物質をご覧ください。

抗生物質 -作用機序別抗生物質 -活性スペクトル別

ブレイクスルーを生み出すことに集中するために、下記に示す私たちの信頼性の高い幅広い抗生物質製品群をお役立てください。


製品

Sort by Relevance
Showing 1-20 of 407
Page 1 of 21
Page 1 of 21
Showing 1-20 of 407
Compare
Product Number
Product Description
Pricing
Page 1 of 21
Page 1 of 21