Merck

生化学用バッファー

ビーカーに入った水色のバッファー溶液とピペットのイメージ

適切な緩衝系を選択して生体分子と試薬の完全性を保護することは重要です。私たちは、細胞培養バッファー、PCRバッファー、HEPESバッファー、およびアッセイバッファーなどのバッファー製品を取り揃えて、幅広い用途にお応えします。

私たちの先進的なバッファー系の主な特徴は以下の通りです。

  • 幅広いグレードの高純度溶液を提供
  • 使い勝手のよいさまざまな包装オプション
  • 保証された溶液安定性とpHコントロール
  • 生物学的プロセスに干渉しない
  • 重要な塩類と栄養素を細胞と組織に添加
  • 研究の初期段階から商業利用まで対応可能
  • カスタマイズされたブレンド

私たちの先進的なバッファー系は、細胞培養ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)薬物スクリーニングバイオプロセシング精製、および最終製剤ベースの用途に驚くべき安定性をもたらします。すべての製品は、研究の初期段階から商業利用まで対応可能です。


製品

関連性で並べ替え
表示中 1-20 559
1 / 28 ページ
表示中 1-20 559
比較する
製品番号
製品名
製品内容
価格
1 / 28 ページ

関連製品資料


完全なワークフローソリューション

広範囲のバッファーグレードと、革新的で使い勝手のよい包装オプションで、高品質な生化学物質を幅広く提供しています。カタログ製品に加えて、試薬の製造やブレンドのカスタム対応も行っています。

BioPerformance Certifiedバッファー

私たちの優れたBioPerformance Certifiedバッファーは、細胞培養や分子生物学、診断薬製造などの重要なライフサイエンス用途におけるバイオプロセシングワークフローを促進するため、厳格な検査と事前の認定を受けています。これには、ヌクレアーゼ、プロテアーゼ、ホスファターゼの酵素アッセイや細胞毒性、エンドトキシンおよびバイオバーデンレベルが含まれます。1つの高品質バッファーを複数のワークフローで使用することにより、実験の再現性が保証されます。

Ready-to-UseのpHast Pack™バッファー

バッファー調製において正しい濃度とpH値にすることは、時間のかかる単純作業だと思われています。しかし、Ready-to-UseのpHast Pack™バッファーはお客様の作業の手間をなくすように特別に設計されています。予め正確に秤量したパウチ入りの試薬を蒸留水と混ぜるだけで、迅速で再現性のある結果を繰り返し得られます。時間と労力、さらに棚のスペースも節約することで、より重要な研究分野に集中できます。

バッファーの調製にサポートが必要な場合は、バッファー計算ツールが役立ちます。バッファーのモル濃度、質量、容量を素早く計算できます。





ハイライト


HEPES induces lysosomes and autophagy in culture cells
HEPES induces lysosomes & autophagy in culture cells - a call for action

HEPESが細胞培養実験にどのような影響を与えるのか、またデータ解釈における注意点についてご確認ください。



ウェビナー:Getting Your Buffers Right: How to Control the pH of Cell Culture Medium

このウェビナーでは、培地の酸塩基バランス管理における有効なポイントについて説明します。pHコントロールがうまくいかず、直感的でない結果や誤った推測を生じる可能性のあるバッファーの組み合わせに焦点を当てています。 

Buffer Selection Guide
Buffer Selection Guideの依頼

Buffer Selection Guideをラボに貼ってお役立てください。DINのA1(23.4" x 33.1")ポスターをご依頼ください。


Ready-to-UseのpHast Packバッファー

Ready-to-UseのpHast Pack™で時間と労力、棚のスペースを節約しましょう。お客様の作業の手間をなくすように特別に開発されており、正確な濃度とpHを保証するために厳しい検査を受けています。


ログインして続行

続きを確認するには、ログインするか、新規登録が必要です。

アカウントをお持ちではありませんか?