Merck
ホーム製品化学・生化学試薬生化学試薬ヌクレオシド・ヌクレオチド

ヌクレオシド・ヌクレオチド

あらゆる生物の遺伝子特異性を保持する成分が強調表示された、DNA二重らせんの位置と構造の図

ヌクレオシドとヌクレオチドおよびそれらの誘導体は、ほぼすべてのあらゆる生化学的プロセスに関与しているユビキタスな物質です。核酸の単量体ユニットを形成しているため、遺伝情報の発現と保存において中心的な役割を果たしています。 

ヌクレオシドは、核酸の化学的分解や酵素的分解により得られるグリコシルアミンであり、五炭糖リボースまたは2’デオキシリボース)と窒素塩基という2つの成分が含まれます。窒素塩基は、平面状、芳香族性の複素環分子です。大部分は、プリンまたはピリミジンの誘導体です核酸の主要なプリン成分は、アデニン (A)およびグアニン (G) 残基であり、主要なピリミジン残基はシトシン (C)、ウラシル (U)(主としてRNA中にみられる)、およびチミンです1二重らせん状のDNAとRNAでは、塩基組成はシャルガフの法則に従っています:A=T(U)およびG=C1。ヌクレオシドの例には、アデノシン、グアノシン、シチジン、ウリジン、およびデオキシチミジンなどがあります。シグナル伝達分子として機能し、DNAやRNAの合成に必要なヌクレオチドの前駆体です。ヌクレオシドは医薬品や分子生物学において重要な役割を果たしており、抗ウイルス剤や抗がん剤として使用されています1


製品

関連性で並べ替え
表示中 1-20 268
1 / 14 ページ
1 / 14 ページ
表示中 1-20 268
比較する
製品番号
製品名
製品内容
価格
1 / 14 ページ
1 / 14 ページ


RNAとDNAのビルディングブロックであるヌクレオチドは、五炭糖、窒素塩基、および1つ以上のリン酸基という3つの成分で構成されている有機分子です。ヌクレオチドの大半の窒素塩基は、プリン類(アデニン+グアニン)とピリミジン類(シトシン、DNAではチミン、RNAではウラシル)です。ヌクレオチドの例には、アデノシン一リン酸(AMP)、グアノシン一リン酸(GMP)、シチジン一リン酸(CMP)、ウリジン一リン酸(UMP)、およびデオキシチミジン一リン酸(dTMP)などがあります1。ヌクレオチドはあらゆる生物における遺伝物質の基本単位であるだけではなく、細胞内のエネルギー、代謝、およびシグナル伝達にも関与しています。生物学的機能の他にも、ヌクレオチドとその誘導体は、医学的応用において重要な役割を果たしています。がんおよびAIDSの化学療法ならびに臓器移植時の免疫抑制剤にはハロゲン、チオール、または追加の窒素原子を含む合成プリンおよび合成ピリミジンアナログが使用されています2

細胞生物学と創薬研究

細胞生物学や創薬における研究、診断、製造など多数のアプリケーションで利用できる天然型と合成型ヌクレオシド、ヌクレオチド、オリゴヌクレオチド、およびそれらの類似体を比類ない品揃えで提供しています。お客様のニーズに的確にお応えするため、私たちは信頼できる革新的バイオ試薬をミリグラムからキログラムまでのバッチサイズで提供し、科学的進歩のサポートに全力を尽くしています。

以下のような比類ない製品ラインで、ブレークスルーをこれまでになく身近なものとして感じることができます。

  • アデノシン由来のヌクレオシドとヌクレオチド
  • 代謝ヌクレオチド
  • がんバイオマーカーや増殖バイオマーカーとしてのヌクレオシド
  • 非加水分解性ヌクレオチド類似体
  • 補酵素および必須補因子
  • 細胞培養、細胞停止、細胞阻害剤としてのヌクレオシド
  • タンパク質精製用ヌクレオシド
  • 分子スタンダード・HPLCスタンダード




参考文献

1.
Donald V, Judith G. V. 2011. Biochemistry. 4th ed.. New Jersey: John Wiley & Sons.
2.
V.W. R. 2016. Nucleotides. Harper's Illustrated Biochemistry, 30e. McGraw Hill.
ログインして続行

続きを確認するには、ログインするか、新規登録が必要です。

アカウントをお持ちではありませんか?