Merck

ビタミン類

食品科学におけるビタミン研究

ビタミンは生体中の細胞が正常に機能して増殖するための必須有機化合物です。大部分のビタミンは人体で合成されないため、食品やサプリメントから摂取することが重要です。ビタミンが細胞増殖、細胞再生、疾病、さらには全体としての健康に及ぼす影響をより良く理解するため、ビタミンが果たす役割について次のような分野で継続的に研究されています:栄養/食品科学、代謝研究、微生物叢研究、農業科学、疾病研究。さらに、ビタミンは細胞の増殖と成長のための重要な基質でもあるため、細胞培地への添加剤として広く使用されています。  

13種類の脂溶性と水溶性必須ビタミン:ビタミンA、C、D、E、K、B1(チアミン)、B2(リボフラビン)、B3(ナイアシン)B5(パントテン酸)、B7(ビオチン)、B6、B12、および葉酸塩(葉酸とB9)。メルクの化合物は、好気性と嫌気性微生物培養における培地添加剤(増殖細胞の生存能力向上)として、また、微生物の選択的単離と培養のために使用することができます。 

私たちはビタミン研究向けに製品、混合溶液、キットの幅広いポートフォリオを提供しています。ライフサイエンス研究における一貫性、信頼性、品質を確保するため、非常に高い純度の製品をお届けします。製品のサイズと重量の選択肢も広い範囲に及び、いずれも、最新の包装技術を利用して化合物の劣化防止と保管寿命の延長を実現しています。

細胞培養用ビタミン

細胞培地には、増殖細胞へのビタミンの非常に重要な供給源として頻繁にFBS、つまりウシ胎児血清が添加されています。複数の培地調合品では、さらに幅広い細胞株に広く適合させるために特定のビタミンで強化されています。ビタミンB群は、細胞増殖に必要なビタミンの一群です。また、一部の培地には高濃度のビタミンAおよびEが配合されています。培地調合品に頻繁に認められるその他のビタミンには、ビオチン、リボフラビン、チアミンがあります。






ログインして続行

続きを確認するには、ログインするか、新規登録が必要です。

アカウントをお持ちではありませんか?