Merck

ハロゲン化ヘテロ環化合物

2-ブロモ-3-ピリジンカルボキサルデヒド:直交反応性アルデヒド基との鈴木カップリング用のハロゲン化ピリジン

ヘテロ環化合物は、炭素原子以外の原子を環構成原子として少なくとも1つ持つ有機化合物です。ハロゲン化ヘテロ環化合物には、1つまたは複数のハロゲン原子(臭素、塩素、フッ素、またはヨウ素)がヘテロ環に結合しています。ハロゲン化ヘテロ環は、合成化学において他の有機化合物を合成する際のベース骨格として使用されるため、重要です。それらの構造は、化合物に機能をコントロールするために、ヘテロ環に修飾することができます。有機塩素化合物は、合成反応に最も広く使用されているグループの1つです。

天然のヘテロ環化合物は生細胞の代謝に不可欠です。ピリミジンやプリンなどのヘテロ環塩基はDNAに固有のものです。アミノ酸では、インドールモチーフがトリプトファンに存在し、ピロリジンモチーフがプロリンに存在します。多くの合成ヘテロ環は薬理活性を示し、創薬化学者によって広く研究されています。また、農薬、工業用酸化防止剤、共重合体、その他さまざまな合成中間体のリガンド(つまりNHC)として使用されます。

3,000を超える多様なハロゲン化ヘテロ環化合物は、Sigma-Aldrich独自のコア製品とパートナー企業・ラボの化合物の製品で構成されています。リチウム化やパラジウム触媒クロスカップリング反応など、さまざまな合成プロトコルで使用できる、多様で包括的なヘテロ環ビルディングブロックを取り揃えています。

Sigma-Aldrichは化学研究試薬におけるワンストップサービスの提供を目指しています。Sigma-Aldrichと共に自然科学における飛躍的発展の第一歩を踏み出しましょう。ハロゲン化ヘテロ環のポートフォリオには次のものが含まれます:

  • 有機フッ素ヘテロ環
  • 有機塩素ヘテロ環
  • 有機臭素ヘテロ環
  • 有機ヨウ素ヘテロ環




ログインして続行

続きを確認するには、ログインするか、新規登録が必要です。

アカウントをお持ちではありませんか?