Merck

C-H活性化触媒

金属触媒によるC-H官能基化は、炭素-水素結合活性化の有効な方法です。この方法では、遷移金属をC-H活性化触媒として用いてC-H結合を切断し、炭素原子、窒素原子、または酸素原子を導入します。複雑な分子のC-H結合を選択的に官能基化できることで事前の官能基化ステップが不要になるため、効率的に有機合成プロセスを進めることができます。さらに、選択的かつ制御された方法でのC–H結合からC–C、C–N、C–O、またはC–X結合への確実で予測可能な変換は、無駄が削減されるため多種多様な合成変換における持続可能な代替法となります。C–H活性化により、所定の分子において反応対象とできる部位が増えてより複雑な化合物へと合成する機会が拡大するだけでなく、まったく異なる種類の化学結合を、多くの場合には高い化学選択性で、反応対象にすることができるようになります。  

分子内に多くに存在する不活性なC-H結合を活性化するC-H活性化触媒、補助剤、酸化剤を豊富に取り揃え、画期的な合成計画の実現をサポートいたします。C-H活性化反応に適した独自の反応性と選択性を持つコバルト触媒、銅触媒、金触媒、イリジウム触媒、鉄触媒、ニッケル触媒、パラジウム触媒、ロジウム触媒、ルテニウム触媒、銀触媒、チタン触媒などの金属触媒を豊富に取り揃えています。  最新のC-H活性化触媒製品に関する詳細は C-H官能基化ガイドをご覧ください。 






ログインして続行

続きを確認するには、ログインするか、新規登録が必要です。

アカウントをお持ちではありませんか?