無機触媒

クロスカップリング反応用Pd EnCat<sup>TM</sup>触媒

不均一系触媒としても知られる無機触媒は金属を担体とし、天然の触媒である酵素の精巧な機能を模倣します。吸収を経て、金属は固体と結合します。この過程で、反応物との相互作用に必要な活性部位が十分に存在することが重要です。その表面積の大きさから、炭素、シリカ、アルミナなどの多孔質材料が担体として選ばれます。表面積が増えれば、活性部位の数も増えます。

不均一系触媒は、産業分野や研究分野における水素化反応やクロスカップリング反応に重要な役割を果たしています。 不均一系触媒は他の出発物質や必要な反応終了後の生成物とは異なる相に存在するため、除去やリサイクルが容易です。そのため、無機触媒は工業生産やバルク生産にとってきわめて価値が高いのです。しかし、有機触媒や配位子とは異なり、不均一系触媒の最適化は容易ではありません。

不均一系触媒を用いる反応の中には、合成化学や合成以外の化学で中心的な存在となった反応があります。これらの反応には開発した研究室に因んだ名前が付けられており、Stille反応、Buchwald–Hartwig反応、根岸反応、Heck反応、鈴木-宮浦反応、薗頭反応などの各種クロスカップリング反応があります。炭素、シリカ、炭酸カルシウムに担持した白金、パラジウム、ルテニウム、ロジウムなどの無機触媒を豊富に取り揃え、お客様の研究用途のあらゆるニーズにお応えします。



製品

Showing 1-20 の 2595
Sort by Relevance
ページ 1 の 130
ページ 1 の 130
製品番号
製品内容
価格
ページ 1 の 130
ページ 1 の 130