Merck

有機分子触媒

MacMillan社のイミダゾリジノン有機分子触媒は、1,3-双極子環化付加反応や、Friedel-Craftsアルキル化反応、α-塩素化反応、α-フッ素化反応、分子内Michael反応など有機分子触媒を用いる反応に用いられています。

有機分子触媒は、炭素、水素、酸素、窒素、硫黄、リンで構成され、化学反応を活性化する性質を持つ低分子化合物で、グリーンケミストリー用試薬として不可欠な要素となっています。通常、触媒はサスティナブルなものですが、有機分子触媒はグリーンケミストリーの12の原則をさらに超越する存在です。有機分子触媒は、空気や水の影響を受けない温和な条件下で各種官能基と反応するため、ターゲット化合物の決定に必要な合成工程数を減らすことができ、エネルギーとコストを削減できます。非金属触媒であるため、生成物は環境に無害で毒性がなく、金属廃棄物を生じません。

有機分子触媒は、効率、安定性、純度、選択性に優れているため、低分子創薬や複雑な分子構造の設計に幅広く利用されています。 有機分子触媒を使用する一般的な有機分子触媒的反応には、Diels-Alders反応、Michael反応、Mannich反応などの不斉反応や、Shiエポキシ化反応、1,3-双極子環化付加反応、Friedel-Craftsアルキル化反応、α-塩素化反応、α-フッ素化反応、移動水素化反応などがあります。電子を供与する、または基質から電子を吸引する有機分子触媒によってこれらの反応が開始されます。そのため、有機分子触媒は一般的にLewis塩基、Lewis酸、Brønsted塩基、Brønsted酸に分類されます。

環境に優しい有機分子触媒反応やグリーンケミストリーの探求を刺激するために設計されたSigma-Aldrichの有機分子触媒シリーズをぜひご活用ください。



製品

Sort by Relevance
Showing 1-20 of 314
Page 1 of 16
Page 1 of 16
Showing 1-20 of 314
Compare
Product Number
Product Description
Pricing
Page 1 of 16
Page 1 of 16