Merck

キラル補助剤

不斉合成のためのキラル補助剤を用いたジアステレオ選択的変換

キラル補助剤を使用してさまざまな合成経路の立体化学的結果を制御することにより、鏡像異性体純度の高い化合物を多数、高い時間効率で合成することができます。得られた構造を一時的に有機化合物に結合させることで、補助剤はその後の反応の立体選択性に影響を及ぼすことができます。立体化学的保護が不要となった時点で、キラル補助剤は除去し、後で使用するためにリサイクルできます。不斉合成は、特定の医薬品化合物や天然化合物の鏡像異性体の化学的生産において重要な役割を果たします。私たちは、革新的なエフェドリン誘導体、オキサゾリジノン誘導体、硫黄系キラル補助剤を幅広く取り揃え、お客様のアプリケーションに適切に対応します。


製品

関連性で並べ替え
表示中 1-20 39
1 / 2 ページ
1 / 2 ページ
表示中 1-20 39
比較する
製品番号
製品名
製品内容
価格
1 / 2 ページ
1 / 2 ページ


不斉合成用エフェドリン誘導体

エフェドリン、エフェドリン異性体、およびエフェドリン誘導体は、ホスフィン‐ホスファイト配位子などの光学活性分子の調製において重要な役割を果たし、安定した構造または独自の立体配座を持つ新しい分子の合成を可能にします。配位子は炭素以外の安定な不斉中心を持ち、これにより不斉有機合成における触媒、キラル補助剤、または誘発剤としての機能を発揮します。

不斉合成用オキサゾリジノン誘導体

オキサゾリジノン誘導体は、その構造と活性の関係が確立されており、さまざまな不斉転換のためのジアステレオ選択的反応で使用されます。私たちが提供する誘導体は、アルドール反応、アルキル化反応、またはDiels-Alder反応において頻繁に使用され、その後立体障害が除去されます。

硫黄系キラル補助剤

硫黄系キラル補助剤は、不斉基として効果的であり、アプリケーションによってはその他の良く知られたキラル補助剤よりも優れています。補助剤は、酢酸アルドール反応、ラセミ混合物の分割、Michael付加、分子間チオ‐Michael/アルドール環化カスケード反応に対する薬理活性を持つ天然物や化合物の合成において役立ちます。




ログインして続行

続きを確認するには、ログインするか、新規登録が必要です。

アカウントをお持ちではありませんか?