Merck

シリンジフィルター

シリンジフィルターは、HPLC、イオンクロマトグラフィー、ガスクロマトグラフィー、ICPおよび溶出試験などの方法による分析の前に、液体および気体サンプルから微粒子状の不純物を取り除くために用いられる、メンブレンを用いたディスポーザブルデバイスです。サンプルを適切にろ過することで、分析結果の質および一貫性が向上し、装置のダウンタイムも減少します。ディスポーザブルシリンジフィルターは、通常、速く効率的なろ過を行う際に用います。シリンジフィルターの種類は、アプリケーション別に選択する必要があります。滅菌シリンジフィルターは溶液の滅菌または滅菌溶液の清澄化のために使用し、非滅菌シリンジフィルターは一般的なろ過およびサンプルの精製のために使用します。シリンジフィルターは、2つの基本特性であるメンブレンおよびフィルターハウジングによって分類されます。いずれの特性も、アプリケーションおよびろ過する溶液と適合していなければなりません。シリンジフィルターメンブレンは構成、フィルター直径および孔径と適合しており、シリンジフィルターハウジングは構成と形式に基づき目的とするアプリケーションと適合しています。   




Millex®シリンジフィルター

Millex®シリンジフィルターは残液量が非常に少ないため、サンプル消失が少ないことが特徴であり、HPLC用サンプル前処理や溶出試験、ならびに抗生物質や組織培養液添加物のろ過などさまざまな用途での利用に最適です。メルクの管理された製造工程により、信頼できるフィルター性能を保証します。滅菌デバイスには品質証明書が含まれています。メンブレンおよびハウジングの選択肢が豊富なMillex®シリンジフィルターは、さまざまな溶媒やサンプルの種類に適合します。

  • 少量(1~200 mL)の滅菌・非滅菌ろ過用にデザイン
  • 高品質のMillipore®メンブレンを使用し製造
  • 直径4、13、25、33、50 mmの製品をラインナップ
  • 最小限の残液量によりサンプル損失を低減
  • 溶出物が少ないメンブレン・結合性の低いメンブレンが選択可能

Whatman®シリンジフィルター(日本国内取扱いなし)

  • Whatman® Puradisc®シリンジフィルター(日本国内取扱いなし)は高品質でありながら経済的であり、容量100 mLまでのサンプルの迅速で効率的なろ過に最適です。
  • Whatman® Puradisc® Aquaシリンジフィルター(日本国内取扱いなし)は、CODおよびDOC分析前の環境サンプルのろ過のために特別にデザインされています。これらのデバイスに用いられているメンブレンは、有機炭素レベルを低下させるために、組み立て前にあらかじめ洗浄されています。
  • Whatman® Unifloシリンジフィルター(日本国内取扱いなし)は、HPLCやUV/Vis分光法などによる分析前の液体サンプルから固形物を取り除くためにデザインされた、使い捨てのろ過用デバイスです。ポリプロピレン製のオーバーモールド型ハウジングを特徴とした、孔径0.2 μmまたは0.45 μmのさまざまなメンブレンの製品を販売しており、滅菌および非滅菌の両方から選択できます。
  • Whatman® ReZist®シリンジフィルター(日本国内取扱いなし)は、有機溶媒に耐性を持つよう特別にデザインされています。これらのフィルターは、反応性の高い有機溶媒の清澄化に最適です。
  • Whatman® Spartan®シリンジフィルター(日本国内取扱いなし)を用いることで、高速および超高速液体クロマトグラフィー(HPLCおよびUHPLC)用のサンプル前処理のために、水溶液および有機溶液の再現性のあるろ過を行うことができます。ロット間の一貫性を確認するため、これらのフィルターで水、メタノールおよびアセトニトリルをろ過し、ろ液中に波長210および254 nmのUVを吸収する物質がないことを試験し、証明しています。
  • Whatman® Robyシリンジフィルター(日本国内取扱いなし)は、自動ろ過システムのために特別にデザインされています。ポリプロピレン製ハウジングのデザインにより、保管用回転台からろ過位置へとスムーズに運ばれることを保証します。
  • Whatman® Anotop®シリンジフィルター(日本国内取扱いなし)は、ポリプロピレン製ハウジング内でAnopore®酸化アルミニウム製無機メンブレンを使用していることが特徴であり、イオンクロマトグラフィーおよびHPLC分析用のサンプル前処理のために特別にデザインされています。これらのデバイスを用いることで、ろ過中に浸出してイオンクロマトグラフィーの工程に持ち越される陰イオンのレベルが非常に低くなることを保証します。
  • Whatman® GD/Xシリンジフィルター(日本国内取扱いなし)は高粘度溶液用のフィルターであり、プレフィルターを内蔵しているため、環境サンプルや食品分析サンプルのように、粘性のある、濃厚な、または固形成分含有量が多くろ過しにくい材料をろ過することができます。
  • Whatman® GD/XP使い捨てシリンジフィルター(日本国内取扱いなし)はGD/Xの製品ラインを改変したもので、ポリプロピレン製のプレフィルターを重ねて使用しており、GD/XPは無機イオン分析を要するサンプルに適しています。

Corning®シリンジフィルター(日本国内取扱いなし)

ナイロン、再生セルロースまたはポリテトラフルオロエチレン(PTFE)メンブレンをポリプロピレン製ハウジングに内蔵し、さらなる化学薬品耐性を示す、HPLCでの性能が証明済みの非滅菌シリンジフィルターを販売しています。PES、再生セルロースまたは界面活性剤を含まないセルロースアセテートメンブレンを、ポリプロピレン製ハウジングまたはアクリル共重合体ハウジングに内蔵した、無菌組織培養で試験済みのシリンジフィルターを販売しています。直径がより大きい50 mmのディスクフィルターは、PTFEメンブレン、ポリプロピレン製ハウジングおよびホースフィッティングコネクターで構成され、反応性の高い溶媒またはガスのろ過および無菌状態でのガスの排出を要するアプリケーションに最適です。これらのシリンジフィルターのメンブレンは疎水性であるため、真空ラインおよび真空ポンプの保護にも最適です。

Whatman® Mini-UniPrep®シリンジレスフィルター(日本国内取扱いなし)

Whatman® Mini-UniPrep®シリンジレスフィルター(日本国内取扱いなし)を使用すれば、高速液体クロマトグラフィー(HPLC)および超高速液体クロマトグラフィー(UHPLC)分析用に前処理されているサンプルから、迅速かつ容易に微粒子を取り除くことができます。Mini-UniPrep®は組み立て済みのろ過用デバイスであり、容量0.4 mLのチャンバーとプランジャーで構成されています。プランジャーの一方の端にはろ過メンブレン、もう一方の端にはキャップ/隔壁が装着されています。外部チャンバーにサンプルを加えてプランジャーを押し込み、陽圧をかけると、ろ液がプランジャー容器内に流れ込みます。通気口から空気が抜け、最後まで押し込むとロック用リングが作動して密閉されます。HPLC装置への注入用の2 mLバイアルを収容できるどのようなデバイスにも、Mini-UniPrep®を数秒で設置できます。Mini-UniPrep®は、12 x 32 mmバイアルを収容するあらゆるオートサンプラーに適合するようにデザインされています。別の方法として、ニードルを隔壁に突き刺してサンプルを抜き取り、サンプルを手動で分析器に注入することも可能です。HPLC装置に対して、高精度のニードルを備えた標準的なロボット技術を使用することで、よりハイスループットな分析が可能です。通常のHPLC/UHPLC分析、コンポジットアッセイ、タンパク質沈殿法、溶解試験、溶出試験およびサンプルろ過に使用することができます。




ログインして続行

続きを確認するには、ログインするか、新規登録が必要です。

アカウントをお持ちではありませんか?