Merck

ラボ用サンプル採取

効率的なラボにするためにはサンプル管理が重要です。サンプルの採取と保管のソリューションは、サンプルの種類、用途、および取り扱いのニーズに基づいて選択する必要があります。スマートソリューションを用いれば、サンプルの識別、追跡、および回収が容易になると同時に、利便性と安全性のための人間工学に基づく設計ができます。私たちは、サンプルを保護し、ラボの保管ニーズに応えるために、バイアルチューブボトルバッグ、プレート、ラック、シーリングフィルムなど、さまざまなサンプル保管・ラボ保管ソリューションを提供しています。また、効率的なサンプル採取のために、ピンセットと鉗子、ラボ用スパチュラとスプーン、セルリフター、スプレッダー、ストレーナーも取り揃えています。   


製品

関連性で並べ替え
表示中 1-20 1315
1 / 66 ページ
表示中 1-20 1315
比較する
製品番号
製品名
製品内容
価格
1 / 66 ページ

バイアル

バイアルは、サンプルの採取、保管、および輸送に使用でき、サンプルの保存と回収のためにさまざまな施栓を備えた多種多様な素材、サイズ、および形状のものを利用できます。ガラスバイアルは、高温に対する耐性が高く、通常は化学的に不活性であるため、過酷な界面活性剤や溶剤に適合しています。プラスチックバイアルは簡単に破損せず、化学的適合性とオートクレーブ耐性を高めるいくつかの素材のものを利用できます。どちらのタイプのバイアルも、滅菌バージョンと非滅菌バージョンのものを利用できます。バイアルは、容易にサンプルが見えるように透明か、光感受性のサンプル用にアンバーガラスまたは着色プラスチックでできています。キャップが着色されているので、サンプルを瞬時に識別できます。

チューブ

チューブは、固形または液体のサンプルの採取、輸送、保管および検査に用いられます。一般的な使用目的でデザインされたチューブもありますが、特定の温度、遠心力、滅菌、化学適合性の要件に合わせてデザインされた用途に特化したチューブもあり、これには、検査チューブ、培養チューブ、遠心管、微小遠心管、PCRチューブ、クライオチューブが含まれます。さまざまな種類のガラス製およびプラスチック製チューブは、耐久性、化学的不活性などの特性に基づいて、選択できます。丸底および円錐形のチューブでは、サンプルの回収率が高いです。使い捨ておよび再利用可能なチューブは、利便性および安全性のニーズに基づいて選択できます。スクリューキャップ付きチューブは、サンプルの漏れやこぼれを防ぐため、さらに安全です。プラグ栓およびスナップキャップ付きチューブは、チューブの操作を簡単にします。

ボトル

ボトルは、化学薬品、溶媒などの液体の保管にもっとも多く用いられます。回収、安全性および保管のニーズに合わせた特定の形状を取り揃えています。ガラス製ボトルは化学的に不活性ですが、プラスチック製ボトルの化学適合性はさまざまです。可視性が最も高いのは、透明ガラスや無色プラスチックです。褐色ガラスや不透明プラスチック製のボトルは、感光性物質で推奨されます。使い捨て用ボトル、あるいは必要に応じてオートクレーブ可能な、または再利用目的で洗浄可能な素材で作られたボトルもあります。

バッグ

Whirl-Pak®滅菌済みのサンプリングバッグは、食品・飲料、乳製品、水、医学、獣医学、環境、土壌、および産業市場だけでなく、表面、法科学、遺伝学、生物医学、および製薬のサンプリングにも理想的です。Whirl-Pak®バッグは、60年にわたりプロからの信頼が高いサンプリングバッグであり、空気漏れ防止クロージャータブ、保証された滅菌、簡単な識別、信頼できる液漏れ防止クロージャーを提供しています。

ピンセット・スパチュラ

ラボ用 ピンセット鉗子は、さまざまなラボ環境やその他の作業環境で、小さな物体や繊細な物体をつかんで操作するのに役立つ小型のツールです。ピンセットと鉗子は、以下のさまざまなサイズ、スタイル、およびデザインバリエーションのものを利用できます。

  • 鋭利な、鈍い、丸みのある、湾曲した、角度のある、または平らな先端
  • エキストラグリップの平坦またはのこぎり歯状の内面
  • はさみタイプのハンドル
  • 精密作業用に限定した寸法
  • エキストラグリップの気泡ゴムまたはシリコンで覆われたハンドルまたは先端部
  • 先端を揃えてしっかりとつかむセルフクロージング/ロックガイドピン
  • 繊細なサンプルの汚染、擦過、または損傷を防止するための不活性PTFEコーティング

スパチュラは、化学固形物、粉末、顆粒、またはその他の物質を分割する、かき取る、拾い上げる、および移動するために設計されたさまざまなサイズとスタイルのものを利用できます。ラボ用スパチュラは、さまざまな長さのハンドルのものが製造されており、目的の用途に応じて、片方または両方の先端が工具で細工された多様な形状またはデザインの末端になっています。

ラック

ラックは、さまざまな種類のガラス製品、実験器具などのサポート、整理および保管のために用いられます。ピペット、検査チューブ、マイクロチューブ、バイアル、シャーレ、マイクロプレートなどのラボ用ラックを取り揃えています。ラックは、コーティングなしの金属、エポキシ樹脂コーティング済みの金属、木製、プラスチックなど、さまざまな材質で作られています。検査チューブおよびマイクロチューブ用ラックには、異なる直径のチューブを収容するために、特定のサイズの穴があいています。 

マイクロプレート

マイクロプレートは、サンプル保管、生化学および細胞アッセイ、および分析手法に使用されるマルチウェルプレートです。フタ、フィルム、テープ、キャップまたはマットを使用して、処理中、インキュベーション中または保管中にプレートを密閉できます。プレートは、以下に基づいて選択する必要があります:

  • 材質:マイクロプレートは、通常、ガラス製またはプラスチック製です。ガラスボトムのマイクロプレートは優れた光学特性を有し、通常、ハイコンテント細胞イメージング用途のために保有されています。プラスチックボトムプレートは、さまざまな蛍光、比色分析、細胞培養、および細胞イメージングの用途に使用できます。環状オレフィンプレートは、細胞接着をサポートし、ガラスと同様の光学特性ももたらすポリマーでできています。
  • ウェル番号:プレートは、スループットの必要性と容量要件に応じて、24、96、384、および1536ウェルフォーマットで利用できます。
  • ウェルの形状:丸底ウェルは、混合を確実にし、必要なときにサンプルの回収を円滑に行うのに役立ちます。イメージング用途には平底プレートが必要です。
  • プレートの色:黒色プレートは、通常、バックグラウンドのリン光と自己蛍光を低減する目的で、蛍光および高シグナル発光の用途に使用します。白色プレートは、時間分解蛍光および低シグナル発光アッセイに使用できます。透明ボトムプレートを使用すると、ボトムリーディングの測定と顕微鏡による可視化が可能になります。
  • プレートコーティング:プレートは、無菌性または低タンパク質結合のために前処理するか、細胞接着を促進するためにコラーゲン、ポリ-D-リジンおよび他の分子でコーティングすると利用できます。


ログインして続行

続きを確認するには、ログインするか、新規登録が必要です。

アカウントをお持ちではありませんか?