Merck

重合反応用化合物

ポリマー分子構造のイメージ

ポリマーは、モノマーと呼ばれる多数の反復サブユニットからなる材料です。重合はモノマーの化学反応であり、ポリマー鎖やネットワークを形成する反応です。重合技術の進歩により、ますます複雑な構造と特性を有するポリマーが開発され、バイオメディカル、エネルギー、エレクトロニクス分野での新たな研究が可能となっています。ポリマーの特性と性能は、モノマーの種類や重合反応用化合物、重合方法に大きく依存します。

さまざまな研究ニーズへ対応するため、広範な重合反応用化合物をご用意しています:

  • モノマー
  • 精密ラジカル重合用試薬
  • 重合用触媒
  • 連鎖移動剤
  • 架橋剤
  • 界面活性剤

さまざまな構造、組成、特性を持つ多様なポリマー合成に対応するため、モノマーの包括的な製品ラインナップを提供しています。各種官能基を有したモノマー、主にアクリル、アルコール、エポキシド、アミンなどのカテゴリーの化合物を取り揃えています。

精密ラジカル重合

制御されたラジカル重合(CRP)は、ポリマー分子量、分子量分布、機能性、および組成をより良く制御することを可能にします。CRPは、望ましい特性を備えた明確に定義されたポリマーの開発に適しています。CRPは、さまざまな用途に対して多様な特性を持つポリマーを構築するために、さまざまなビニルモノマーを利用できます。

3つの基本的なCRP技術があります:

  • 原子移動ラジアル重合(ATRP)
  • 可逆的付加/開裂連鎖移動(RAFT)重合
  • ニトロキシド媒介重合(NMP)

異なるタイプの制御されたラジカル重合のために、ビニルおよびノルボルネンモノマー、RAFT剤、ATRP剤、およびNMP開始因子の包括的ポートフォリオを提供しています。各重合法のテクニカルレビューは、「精密ラジカル重合ガイドブック」にてご紹介しています。



製品

Sort by Relevance
Showing 1-20 of 1303
Page 1 of 66
Page 1 of 66
Showing 1-20 of 1303
Compare
Product Number
Product Description
Pricing
Page 1 of 66
Page 1 of 66