Merck

有機EL(OLED・PLED) 材料

有機EL発光材料のイメージ

有機EL

有機EL(OLED:organic light-emitting diode)は、電荷移動層と有機発光層からなる高性能オプトエレクトロニクスデバイスです。電圧を印加すると、電子とホールが2つの電極間のエレクトロルミネッセンス層に供給され、デバイスに用いられる有機材料に応じた特定の色とデバイス性能を持つ、特徴的なエレクトロルミネッセンス光が得られます。

有機ELには、低分子系と高分子系(PLED:polymer-based light emitting diode)の2種類があります。典型的なダブルヘテロ構造の低分子有機ELは、3つの有機層を電極で挟んだ構造をとります。カソードとアノードに隣接する有機層は、それぞれ電子輸送層(ETL:electron transport layer)とホール輸送層(HTL:hole transport layer)です。通常、発光層(EML:emissive layer)は、発光色素やドーパントを適切なホスト材料(多くの場合、HTLまたはETL材料)に分散させたものです。高分子有機ELの構造は比較的単純で、発光ポリマー(LEP:light-emitting polymer)層にホスト、発光、電荷輸送の機能が組み込まれており、ポリマー層は溶液処理で塗布が可能です。

詳しくはこちらをご覧ください。



私たちは、昇華精製低分子発光体およびドーパント、発光ポリマー、燐光および蛍光ホスト材料、無機および昇華精製有機電子輸送(ホールブロック)材料、ホール注入およびホール輸送材料、光増感材料など、高品位有機EL材料を提供しています。

また、有機ELデバイスを作製する際に必要な基板や電極として使用される無機材料(Au、ITO、LiF)や透明導電性基板も取り揃えています。発光ポリマーには、ポリフェニレンビニレン(PPV))やポリフルオレン(PFO)などのポリマーがあります。


関連製品資料




ログインして続行

続きを確認するには、ログインするか、新規登録が必要です。

アカウントをお持ちではありませんか?