Merck

シリコーン材料

ポリシロキサン(シリコーン、シリコーンオイル)の代表的な化学構造

シリコーン

シリコーン(別名:ポリシロキサン)は、二酸化ケイ素と同様のケイ素-酸素骨格を有しますが、その他の有機基も含む合成ポリマーです。類似の炭素系ポリマーとは異なり、シロキサン(-Si-O-)結合の優れた物理化学的性質のため、特有の物理的性質と化学的特性の組み合わせを示します。シリコーンを含む共重合体やシリコーンで修飾されたネットワークは、骨格の柔軟性が極めて高く、約−120℃という非常に低いガラス転移温度(Tg)を有します。また、優れた熱・酸化安定性、高いガス透過性、優れた誘電特性と生体適合性および非常に低い表面張力を有しています。


製品

関連性で並べ替え
表示中 1-20 43
1 / 3 ページ
表示中 1-20 43
比較する
製品番号
製品名
製品内容
価格
1 / 3 ページ


シリコーンの分類

シリコーン(ポリシロキサン)ポリマーは、多様なシリコーン材料特性を示し、オイル、エラストマー、レジンに分類することができます。中程度の分子量のポリマーはオイル状で、高分子量の若干架橋したポリマーはエラストマーになります。低分子量のレジンは、通常、ヒドロキシ基、アルコキシ基、またはクロロ基などの官能基を持ち、加水分解や縮合反応により高度に架橋した構造を形成します。

シリコーン材料の一般的な用途として以下のような例が挙げられます。

  • ソフトリソグラフィやナノパターニング用途向けのパターン化されたスタンプに用いられる、ポリジメチルシロキサン(PDMS)などのエラストマー性シリコーン
  • 静電アクチュエータ・誘電エネルギーハーベスタ用誘電体材料
  • 電子機器用カプセル化・パッケージング材料
  • マイクロ流体アプリケーション向けの表面特性改質剤

シリコーン共重合体・ホモポリマー

シリコーン共重合体およびホモポリマーは、水の吸収が少ない疎水性表面を形成し、主に潤滑油、発泡体、高分子接着剤などに使用されています。

以下のような特長を有するシリコーンを取り揃えています。

  • 機械的・熱的特性(ガラス転移温度など)を調整する非反応性置換基
  • 化学修飾(架橋など)を可能にする反応性置換基と末端基
  • さまざまな分子量・粘性

シリコーンオイル

有機側鎖を有する液体ポリシロキサンであるシリコーンオイルも取り揃えています。シリコーンオイルは、大きな結合エネルギーを持つ高極性のSi-O-Si結合を持つため、他のシリコーンよりも熱力学的に安定です。自由回転するメチル基と弱い分子間引力のため、構造の柔軟性、浸透性、潤滑性がより大きくなります。さらに、表面張力が低いため、優れた濡れ性と被膜形成特性があり、無臭、非毒性で、撥水性、耐薬品性、UV耐性を示します。

私たちは、多様な粘度のシリコーンオイル(25℃で5~100,000 mPa∙s)を提供しており、熱管理における加熱および冷却用媒体として使用することができます。水/油系で使用する際に、シロキサンは安定な微小滴のエマルションを形成し、DNAおよび血液の分析、化学反応、創薬、インク調合、化粧品、繊維、ホームケア製品で広く使用されています。



ログインして続行

続きを確認するには、ログインするか、新規登録が必要です。

アカウントをお持ちではありませんか?