Merck

酸化物・セラミックス

軽量、高性能の半導体の製造および熱・電気絶縁用途に使用される高純度の酸化物やセラミックス

酸化物は、カチオンとアニオンからなる固体材料で、アルカリ土類金属、遷移金属、希土類金属など多くの元素で構成されます。機能性酸化物は、調整可能な物理化学的特性を持ち、エネルギー材料として利用することができます。酸化物は豊富で安定に存在し、ガラスやセラミックスなどの材料に使用されています。 セラミックスは、非金属元素で構成される無機材料、もしくは金属と非金属元素で構成される材料で、非晶質から多結晶、さらには単結晶まで幅広い構造をとります。非金属であるため、通常は電気を通さないか、ワイドバンドギャップ半導体ですが、ドープすることで半導体として使用することができます。セラミックスは、高温での熱安定性に優れています。

米国イリノイ州アーバナにある我々の製造施設は、ハイテクからセラミックスまで幅広い用途に使用される高純度酸化物の製造のための材料化学研究拠点です。複数の特殊な合成・精製技術を有しており、純度(trace metals basis)が3N(99.9%)~5N(99.999%)の酸化物を一貫して供給することが可能です。Sigma-Aldrichのいくつかの超高純度酸化物製品は、カスタム用途のために個別の粒子サイズ範囲で提供されています。






ログインして続行

続きを確認するには、ログインするか、新規登録が必要です。

アカウントをお持ちではありませんか?