太陽エネルギー材料

次世代太陽電池のイメージ

世界的なエネルギー需要に対応するために、炭素エネルギーの使用を低減し、より多くの再生可能資源やグリーンエネルギーを採用しようとする機運が高まっている中、太陽電池技術は急速に進歩しています。この分野の研究では、新技術を適用し、効率的で低コストの製造のための材料を開発することで、太陽電池効率を最大化することに重点が置かれています。私たちは、太陽光発電の研究および製造開発に不可欠な、多様な太陽エネルギー関連材料を提供しています。



製品

Showing 1-20 の 84
関連性
ページ 1 の 5
ページ 1 の 5
製品番号
製品内容
価格
ページ 1 の 5
ページ 1 の 5

ペロブスカイト太陽電池材料

用いる材料の構造や薄膜を形成した際の特性は、太陽電池の効率に大きな影響を及ぼします。ハイブリッド型ペロブスカイト化合物は、有機-無機複合体として特徴的な結晶構造を持ち、特に、ハロゲン化鉛ペロブスカイトは、最も高い変換効率を発揮します。シグマアルドリッチでは、高効率ペロブスカイト太陽電池作製のためのヨウ化鉛やヨウ化スズなどを提供しており、DMF等の有機溶媒に容易に溶解し、所定の濃度で透明な溶液を得ることができます。また、従来の3D構造を超える層状2 次元構造を実現するために、溶液または分散液中で処理可能な2Dペロブスカイトも提供しています。その安定性と材料の多様性から、2Dペロブスカイトは、太陽電池やLED、フォトトランジスタに有用です。

その他の太陽電池材料

私たちは、有機無機ペロブスカイトの合成に必要な一連の前駆体を提供しています。鉛フリーで毒性の低い材料も検討されており、良好な安定性とオプトエレクトロニクス特性を示す化合物が見出されています。また、無機ペロブスカイトであるCsPbX3(X = Cl、Br、I)ペロブスカイト量子ドットは、多様なオプトエレクトロニクスデバイスに有用な、直接遷移型半導体です。ペロブスカイト光吸収層は、スピンコート法などの各種塗布技術を用いて作製することが可能です。

また、非フラーレンアクセプター、高分子ドナー、電荷輸送層材料など、有機太陽電池(OPV:organic photovoltaic)向けの先端材料も提供しています。

我々の最先端材料の広範な品揃えは、太陽エネルギーデバイス研究開発の発展に貢献するために、常に強化されています。