Merck

分子クローニング・タンパク質発現

制限酵素・タンパク質発現ベクター

分子クローニングの目的は、目的遺伝子(GOI)をプラスミドベクターに挿入することです。プラスミドベクターは、クローニング、クローン選択、およびタンパク質発現を促進するためのさまざまな因子を含む環状DNAです。研究者は、しばしばDNA制限酵素およびリガーゼを用いて、GOIを発現ベクター内にインフレームで挿入し、その後のタンパク質発現に利用します。その後、このベクターをGOIによってコードされたタンパク質を発現する細胞に挿入するか、または、無細胞タンパク質合成システムによりタンパク質発現を達成します。  

タンパク質が発現すると、細胞シグナリング、形態、または細胞内のその他の側面に影響を及ぼすため、タンパク質の機能を研究することができます。もしくは、タンパク質を大量に発現させて精製し、多くの下流アプリケーションで使用することもできます。私たちは昆虫、細菌、および哺乳類のタンパク質発現システムのためのクローニング・発現のワークフロー全体で利用できる信頼性の高い試薬およびリソースを包括的に提供しています。詳細については、そちらをご覧ください。


製品

関連性で並べ替え
表示中 1-20 87
表示を変更する
表示中 1-20 87
比較する
製品番号
製品名
製品内容
価格
You have viewed 1-20 of 87 results


制限酵素・DNA修飾酵素

分子クローニングでは、一般的な2種類の酵素、つまりDNAを切断するための制限酵素と核酸修飾を作成するための修飾酵素が、ライゲーション手順の前によく使用されます。アルカリホスファターゼ、プロテアーゼ、T7 RNAポリメラーゼ、リボヌクレアーゼA、およびT4 DNAリガーゼなど、すべての研究ニーズに応える私たちの幅広い制限酵素とその他の修飾酵素をご検討ください。

CMVプロモータおよびFLAGタグ技術を用いた無細胞発現システム・発現ベクター

私たちのクローニングおよび発現のポートフォリオは、合理化されたプロトコルとクローニングキットとともに汎用性に優れたベクターのラインナップを提供することで、遺伝子工学をより安価に、かつ効果的にします。次世代無細胞タンパク質発現キット(小麦胚芽)(製品番号CFPS700)およびALiCE®キット(カタログ番号AL0103000)などの無細胞タンパク質合成または発現システムを含む、私たちの幅広いクローニング・発現システムをご検討ください。さらに、一過性または安定的トランスフェクションシステムにおけるペリプラズムまたは細胞質での発現のための細菌用または哺乳動物用FLAG発現ベクターをご検討ください。また、必要に応じて融合タグを除去するために、エンテロキナーゼ(Ek)切断部位を持つFLAGまたは3X FLAGシーケンスをN-またはC-末端で確実に発現させてください。

Novagen® pETシステム・SnapFast™ベクター・Simplicon®ベクター・UCOE®タンパク質発現システム

すべてのE.coli発現ベクターおよび昆虫発現ベクターは、アンピシリン耐性を与えて陽性形質転換体の選択を容易にします。細菌発現における組換えタンパク質のクローニングおよび発現のための絶対的標準である、Novagen® pETシステムをご検討ください。Oxford Genetics社が作製したSnapFast™ベクターシリーズは、SnapFast™切断部位を使用してGOIをあるベクターから別のベクターへ移すことができる迅速かつ簡単なプロトコルを提供し、昆虫、酵母、細菌、および哺乳動物の発現システムに適合するベクターを作成します。Ubiquitous Chromatin Opening Element (UCOE®発現ベクター技術を用いることにより、安定的にトランスフェクションされた哺乳動物細胞内でグラム単位のタンパク質が30日未満で得られます。UCOE®発現技術は導入遺伝子サイレンシングを防ぎ、染色体導入部位に関わらず均一で安定し、かつ従来のベクターより20倍も高いレベルの遺伝子発現を可能にします。Simplicon® In Vivoタンパク質発現システムは、調整と合成が可能な非ゲノムで統合型の自己複製RNAベース発現システムで、ヒト細胞へトランスフェクションされた複数の遺伝子のタンパク質発現を、ゲノム融合のリスクなしに迅速かつ高い持続性で生成します。詳細については、効果的にヒトiPSC生成に利用するSimplicon®技術の動画をご覧ください。

細菌・酵母菌形質転換の試薬・リソース

細菌の形質転換は、ヒートショックおよびエレクトロポレーションなどの方法を用いて、外来DNAを細菌に導入する手法です。私たちのコンピテントセルのポートフォリオは、最も困難な組換えタンパク質でも最適なタンパク質発現が得られるように設計されています。コンピテントセル選択ガイドをご覧いただき、タンパク質発現、ルーチンワークまたは困難なクローニング、およびライブラリー生成を含む幅広い種類のアプリケーションに対応した、さまざまな新しいコンピテントセルからお選びください。さらに、Saccharomyces cerevisiaeにおける組換えタンパク質発現には、シンプルなプロトコル、基本的試薬の使用、および優れた拡張性など多くの利点があります。タンパク質発現ワークフローの一部として行われる酵母形質転換に利用可能な、数々の製品をご検討ください。トランスフェクション効率およびプラスミド保存のために最適化されたNovaBlueコンピテントセルは、優れたライブラリー作成やプラスミドの安定性をサポートします。さらに、Novagenコンピテントセルは、適切なタンパク質フォールディング、溶解度の向上あるいは細胞毒性タンパク質の発現を促進するようにデザインされています。人気のあるブランドは、Rosetta™、Origami™、およびOvernight Express™システムです。



ログインして続行

続きを確認するには、ログインするか、新規登録が必要です。

アカウントをお持ちではありませんか?