受託 ラット/マウス・モノクローナル抗体作製

腸骨リンパ節から抗体産生細胞を得る方法で作製。従来法に比べて大幅に作製期間を短縮。

腸骨リンパ節法を採用することにより、最短で1カ月半(約45日)で陽性クローンの樹立が可能です。ELISA、免疫染色、フローサイトメトリー、中和、ウェスタンブロットなど、様々なアプリケーションでのゴール設定が可能で、多様なニーズにお応えします。


陽性クローン樹立まで最短で一ヵ月半

腸骨リンパ節法を採用することで、従来法に比べて大幅に作製期間を短縮し、迅速にモノクローナル抗体をお届けすることが可能となりました。

精製抗体とハイブリドーマを納品 / 知財・権利を完全譲渡

納品後、お客様自身による、大量培養・精製も可能です。
これにより製品の商品化や、共同研究者様への配布・譲渡など用途はお客様次第です。


ご注文から納品までの流れ

お問い合わせいただいた後、専任の抗体技術専門家が、抗体設計、抗原デザイン、スクリーニング等のヒアリングをさせて頂きます。必要に応じて訪問対応など完全サポート体制をとり、ご納得いただいた後にご注文を頂ける様心がけております。

お問い合わせ

質問シートへご記入の上、Email:customjp.ts@merckgroup.com  にてお問い合わせ下さい。

一次ヒアリング

作製可否判断
*内容によりポリクロを推奨させていただく場合もございます

最終打合せ

技術者訪問、ゴールの設定

抗体作製作業開始

抗原合成・ラットマウス免疫

一次スクリーニング

お客様にて有望なウェルを選定

クローニング

二次スクリーニング

お客様にて最終クローンの選定

ハイブリドーマ培養

抗体産生細胞の培養

納品


腸骨リンパ節法と従来法の比較



お見積もり・お問い合わせ

ご注文にはお客様アカウント登録が必要な製品です。

技術的なご相談、お見積などの問合せは、customjp.ts@merckgroup.com、またはTEL:03-6756-8260へご連絡ください。