Merck
ホーム製品タンパク質生物学Duolink近接ライゲーションアッセイ

Duolink近接ライゲーションアッセイ

Duolink近接ライゲーションアッセイ(PLA)は、単一イベントを蛍光シグナルにして顕微鏡またはフローサイトメトリーにより視覚化できるようにするため、内因性のタンパク質間相互作用(PPI)および翻訳後修飾を調べることができます。タンパク質間相互作用を調べるために、Duolink PLA技術ではオリゴヌクレオチドで標識された1組の抗体を使用します。オリゴヌクレオチドは40 nm以内に存在する場合、ローリングサークル増幅を行い、標識されたプローブを添加すると、特異的な蛍光シグナルが発生します。

Duolink PLAでは、フローサイトメトリーおよび顕微鏡検査のいずれでも4つの色を使用でき、細胞ごとに複数のタンパク質間相互作用を可視化できます。パフォーマンスの向上と、以下のDuolink PLA技術の利点を活用して、研究においてその機会を明らかにしてください。 

  • タンパク質相互作用の可視化-安定的・一時的
  • 翻訳後修飾の可視化
  • 内在性タンパク質の検出-過剰発現/遺伝子操作なし
  • 高い特異性-2つの抗体/プローブの使用により、偽陽性を排除
  • 特殊な装置は不要-標準的な免疫蛍光法およびフローサイトメトリーベースの方法を利用可能


Duolink PLA製品

  • Duolink PLAスターターキットには、蛍光法の実験を実施し最大30サンプルの解析を行うために必要なすべての試薬が含まれています。
  • Duolinkプローブマーカーキットは、PLAオリゴ(PLUSまたはMINUS)をあらゆる抗体と共役できるようにします。
  • Duolink PLAマルチカラーキットは、顕微鏡による複数のPPI視覚化法に対応しています。
  • DuolinkフローPLA検出キットは、緑、オレンジ、赤、および遠赤の4色を用いたフローサイトメトリーアプリケーションを可能にします。
  • Duolink PLA明視野検出は、西洋ワサビペルオキシダーゼ(HRP)で標識されたオリゴヌクレオチドを含有し、光学顕微鏡の使用を可能にします。

関連製品資料



ログインして続行

続きを確認するには、ログインするか、新規登録が必要です。

アカウントをお持ちではありませんか?