Amicon®デバイス

タンパク質を損失することなく濃縮します。Amicon® Ultra(アミコンウルトラ)フィルターで濃縮すれば、タンパク質を確実に回収できます。Amicon®(アミコン)限外ろ過デバイスを用いると、タンパク質などの生物分子の濃縮、生物・環境サンプル中の成分の分子量による選別、およびタンパク質・抗体の脱塩や透析を、サンプル前処理のために迅速かつ確実に行えます。私たちは、Amicon® Ultraフィルターを低吸着のUltracel®再生セルロースメンブレンとともに設計することで、より高精度の分画分子量と高いタンパク質回収率を実現しました。




AMICON® ULTRAフィルターの選択方法

  1. サンプルの開始容量を決定します
  2. ターゲットの高分子物質の分子量(MW)を決定し、分画分子量(MWCO)が高分子物質のMWの2分の1~3分の1である限外ろ過メンブレンを選択します
  3. パックサイズを選択します

AMICON® ULTRA遠心式フィルターデバイス

Amicon® Ultra遠心式フィルターデバイスは、低濃度で複雑なサンプルマトリックスから迅速で高濃縮率の限外ろ過を実現します。縦型設計や膜表面積により、迅速なサンプル処理、高いサンプル回収率、最大80倍の濃縮率を実現しています。

特長:

  • 高回収率(90~98%):広範な分画分子量に対応するUltracel®再生セルロースメンブレン
  • 短い処理時間:縦型メンブレンが、わずか10~15分の超高速スピン時間で濃度分極・メンブレン汚染を低減
  • 低い非特異的結合:熱溶着したメンブレンは下流抽出を最小限に抑制
  • 簡便なサンプルモニタリング:半透明ハウジング・容量目盛
  • ピペットによる直接のサンプル採取により濃縮液回収の処理工程を削減
  • 反転スピンにより希釈した少量のサンプルでもタンパク質回収率を常に最大化
  • 少ないサンプル損失:フィルターデバイスの物理的デッドストップにより、遠心による乾燥とサンプル損失の可能性を回避
  • 化学的適合性が広い:pH 1~9のさまざまな水溶液に適合
  • 安定した信頼性の高いサンプル調製:濃縮率を予測でき、サンプルが乾固しない
  • 迅速なタンパク質濃縮:ワンステップで25~80倍に濃縮

Amicon® Ultra遠心式デバイスは、3 kDa、10 kDa、30 kDa、50 kDa、100 kDaの公称分画分子量(NMWL)、および以下の4種の容量で提供されます:

  • Amicon® Ultra 0.5 mL遠心式フィルター
  • Amicon® Ultra 2 mL遠心式フィルター
  • Amicon® Ultra 4 mL遠心式フィルター
  • Amicon® Ultra 15 mL遠心式フィルター

アプリケーション:

  • 抗原、抗体、酵素、核酸または微生物を含有する生物学的サンプルの濃縮
  • 組織培養液・細胞溶解液に含まれる高分子成分の精製、またはHPLC前のタンパク質除去
  • カラム溶出液からの希薄または予備精製タンパク質の濃縮
  • 脱塩・バッファー交換・タンパク質透析
  • 分子量分画・タンパク質分画

AMICON® PROアダプター

Amicon® Pro(アミコンプロ)アダプターは、Amicon® Ultra遠心式ろ過デバイスと併用することで、透析、透析ろ過、アフィニティー精製、バッファー交換、フィルター支援サンプル調製(FASP)、濃縮を含むその他数多くのタンパク質ワークフロー手順を、複数同時に実施できます。Amicon® Proアダプターは、タンパク質ワークフロー操作のいずれかまたはすべてを1つのデバイスで実施できる柔軟性を有し、サンプルを移す手間を省いて回収率を最大化できる唯一の市販品です。交換用チューブチップとAmicon® Ultraデバイスとの間の独自設計のインターフェイスが、1回のスピンで99%を超えるバッファー交換を可能にします。

Amicon® Proアダプターは、洗浄・バッファー交換ステップ用の10 mLチャンバー、アフィニティーレジンの挿入とタンパク質や抗体の同時溶出・濃縮を可能にするフリット、および透析ろ過を管理し連続的に行えるよう流量を制御する交換チップで構成されています。

特長:

  • 柔軟性:抗体とタンパク質の同時標識、精製、サンプル濃縮、または制御された透析ろ過が行える設計
  • 回収率の向上:サンプルを移す手間を省くことでタンパク質の損失が減少
  • 時間節約:複数のタンパク質処理ワークフローを1台のデバイスで実施

アプリケーション:

  • 抗体の標識
  • 連続透析ろ過に伴うバッファー交換

AMICON®撹拌式セル

Amicon®撹拌式セルは、高流量加圧限外ろ過(pUF)により、大容量のサンプルを迅速に濃縮、透析ろ過およびバッファー交換することができます。セルに直接ガス圧が加わり、ろ過が行われます。適合性のあるメンブレンフィルターには、1~500 kDaの幅広い公称分画分子量で提供される、Ultracel® RC(再生セルロース)メンブレンとBiomax® PES(ポリエーテルスルホン)メンブレンがあります。メンブレンの公称分画分子量(NMWCO)を上回る溶質はセル内に留まり、水分とNMWCOを下回る溶質はセルを出てろ液に入ります。

特長:

  • 大容量の限外ろ過:3種のサイズで50~400 mLの液量をろ過でき、オプションで800 mLの外付けリザーバーを購入すれば容量拡大が可能
  • 穏やかなサンプル濃縮:マグネティック撹拌子を用いた撹拌により、濃度分極および剪断変性を最小化
  • 迅速な限外ろ過:マクロ溶質濃度10%以下の溶液を高流量でろ過
  • 再利用可能かつオートクレーブ可能:Amicon®撹拌式セルはオートクレーブ滅菌が可能
  • 簡単・確実なセットアップ:クイックコネクタによるチューブ接続
  • 総合的な安全機能:ねじ込み方式・圧力安全弁を備え、外部ハウジングが不要。そのため、組立・分解が容易で、デバイスの組立てが適切

アプリケーション

  • タンパク質、酵素、抗体、ウイルスを含む高分子物質溶液の濃縮、透析ろ過およびバッファー交換