ホーム製品タンパク質生物学タンパク質サンプル調製プロテアーゼ・ホスファターゼ阻害剤カクテル

プロテアーゼ・ホスファターゼ阻害剤カクテル

溶液中のタンパク質

プロテアーゼ・ホスファターゼ阻害剤カクテルは、抽出、サンプル調製および分析の際に、タンパク質分解、タンパク質脱リン酸化を防ぐために使用されます。サンプル調製の際にサンプルの分解を防ぎ、タンパク質本来の状態を維持するために、種々のプロテアーゼ・ホスファターゼ阻害剤のカクテルと、単独の阻害剤を利用できます。カクテルは、哺乳動物、植物、細菌、酵母などの個別の組織に合わせて設計および最適化されています。



プロテアーゼ阻害剤

タンパク質の発現・単離時は、内因性プロテアーゼが急速にタンパク質サンプルの分解を開始するため、機能特定および分析に必要なタンパク質サンプルの質や量が低下します。プロテアーゼ阻害剤カクテルと特異性の高いプロテアーゼ阻害剤は、タンパク質抽出および調製時のタンパク質の完全性を保証します。

  • 一般的に使用できるオプション、または細菌細胞抽出物、哺乳動物細胞および組織抽出物、細胞培養培地、植物細胞および組織抽出物、酵母および真菌抽出物への使用に合わせたオプション
  • セリンプロテアーゼ、メタロプロテアーゼ、システインプロテアーゼ、アミノペプチダーゼ、アスパラギン酸プロテアーゼなど一般的なプロテアーゼからタンパク質調製物を保護

ホスファターゼ阻害剤

細胞シグナル伝達では、プロテインキナーゼにより標的タンパク質がリン酸化され、リン酸基が特定の部位に移動します。これらのリン酸基は、細胞溶解の時点で内因性タンパク質ホスファターゼにより除去されます。ホスファターゼ阻害剤は、細胞溶解およびタンパク質抽出時におけるリンタンパク質の活性や状態の保護に有用です。

  • 幅広い用途や、特定クラスのホスファターゼに対する保護に合わせて調製が可能
  • 洗剤を含有するサンプルを含め、細胞溶解液、組織抽出物に使用可能

Roche社のcOmplete®阻害剤カクテル

Roche社は、インタクトタンパク質および機能タンパク質の最大収量を確保するため、利便性の高いプロテアーゼ阻害剤カクテルと最適化された溶解試薬を、幅広く取り揃えています。

  • 動物、植物、酵母、細菌、真菌を含むほとんどの組織型や細胞型からの抽出物でタンパク質分解活性を阻害
  • 計量することなく溶解バッファーへ追加できる便利な速溶性錠剤
  • 日常のタンパク質抽出・分析に適したRoche社製Classic cOmplete™錠剤
  • 幅広いサンプル(哺乳動物、植物、酵母、細菌)で広範囲のホスファターゼを阻害するPhosSTOP®ホスファターゼ阻害剤カクテル錠剤
  • PhosSTOP® 錠剤との併用によりプロテアーゼ、ホスファターゼ両方から包括的に保護するcOmplete® ULTRAまたはcOmplete®錠剤