グリコシダーゼ

糖鎖生物学のワークフローニーズに応えるグリコシダーゼ

エンドグリコシダーゼ、エキソグリコシダーゼなどのグリコシダーゼは、グリカンのシーケンシング、N-およびO-結合グリカンの糖タンパク質からの放出や糖タンパク質産生に関する糖鎖生物学研究で主に使用されます。私たちの組換ペプチド-N-グリコシダーゼF、 PNGアーゼFast(EMS0001)などのグリコシダーゼは、抗体や免疫グロブリン融合タンパク質などの糖タンパク質を完全かつ迅速に脱グリコシル化し、下流のクロマトグラフィーまたは質量分析のサンプル調製に用いることができます。多糖リアーゼ、炭水化物エステラーゼは、グリコサミノグリカン(ムコ多糖)の分解および多糖構成成分の調製に用いられます。グリコシルトランスフェラーゼは、選択的グリコシル化の操作により、タンパク質および抗体の治療薬としての特性の改善や異種組織の免疫原性の低下を目的として研究が行われています。

私たちは、お客様の糖鎖生物学ワークフローニーズに対応するため、糖プロセシング酵素、糖タンパク質、プロテオグリカン、糖脂質および遊離オリゴ糖などのグリカンの機能・構造解析に関する研究用として、幅広い製品を提供しています。

私たちのレクチン、ガレクチンなどのグリカン認識タンパク質と、エキソグリコシダーゼ、エンドグリコシダーゼ、グリコシルトランスフェラーゼなどの炭水化物活性酵素をご検討ください。グリコシル化は比較的よくある複雑な翻訳後修飾の1つであるため、私たちのGlycoProfile™キットは、糖タンパク質のN-グリカン、O-グリカンの簡単・迅速な標識および解析ができるようになっています。下記のグライコミクス試薬、キット、リソースより、さらに革新的な製品をご覧ください。


酵素的タンパク質脱グリコシル化キット

酵素的タンパク質脱グリコシル化キットには、糖タンパク質からすべてのN-結合型糖鎖、単純なO-結合型糖鎖を完全に除去し、複雑なcore-2 O結合型糖鎖(ポリラクトサミンを含有するものなど)を切断するために必要なすべての酵素および試薬が含まれています。その他の特徴・メリット:

  • 最大2 mgの糖タンパク質を脱グリコシル化 – 下流のプロセシングに十分
  • 中性pHでの単一反応 – 元のペプチド構造を保持
  • タンパク質分解なし – ペプチド構造を調査することが可能
  • ポリシアル酸を含有するO-結合型糖鎖を除去 – より正確なペプチド分析が可能
  • コントロール糖タンパク質を提供 – 検証により信頼度・一貫性が向上

GlycoProfile™ I酵素的インゲルN-脱グリコシル化キット

GlycoProfile I酵素的インゲルN-脱グリコシル化キットは、MSまたはHPLC解析に供する1次元または2次元ポリアクリルアミドゲルから、N-結合型グリカンを確実に除去し、タンパク質サンプルを消化します。このキットは、適切な脱染を行ったクーマシーブリリアントブルー、コロイド状クーマシーおよび銀染色ゲルで良好に機能します。糖分解酵素であるPNGアーゼF(ペプチド-N-グリコシダーゼF)は、糖タンパクおよび糖ペプチドのインゲルN-結合型脱グリコシル化に用いると、優れた性能を示します。プロテオミクスグレードのトリプシンは、残存タンパク質を効率的に消化します。続いて脱塩サンプルを濃縮し、最も一般的にはMALDIまたはESIなどのイオン化法およびTOFまたは四重極などの分析計法を用いてMS解析を実施します。その他の特徴・メリット:

  • インゲル脱グリコシル化・消化 – サンプル操作を最小限に抑制
  • 高純度の酵素 – 不要な活性・副生成物を抑制
  • 少ない緩衝塩含有量 – MS解析への干渉を排除
  • 脱染試薬を同梱 – 追加の試薬調製削減により時間を節約

糖鎖生物学用のその他の酵素

私たちは、脱グリコシル化キットの補填として、グリカンを除去または部分的に分解する糖分解酵素を提供しています。追加酵素の使用は、例えばPNGアーゼFにより切断されない構造など、一般的な脱グリコシル化法に耐性を示す特定のグリカン構造に対して有用となる場合があります。また、グリカン成分の構造および機能の解析では、グリカンを構成する単糖それぞれの逐次加水分解を用いることができます。