ヌクレアーゼ(DNase・RNase)

DNaseI・デオキシリボヌクレアーゼ・Deoxyribonucleate 5′-oligonucleotido-hydrolase

ヌクレアーゼ(DNase、RNase)はDNAおよびRNAの酵素的分解などの機能をもち、多くの研究アプリケーションに必要とされています。例えば、タンパク質や特定の核酸の精製には、多くの場合DNA、RNA、またはその両方の消化が必要です。高いDNA濃度、酵素的細胞解離法によって生じる粘性の問題は、多くの場合、DNaseを利用することで改善されます。私たちは、消化実験の必要条件の大半を満たす高純度ヌクレアーゼを幅広く取り揃えています。



DNADNA ハイブリッド
非特異的ヌクレアーゼエンドヌクレアーゼエキソヌクレアーゼ一本
二本鎖RNARNA3'-リン酸の生成5'-リン酸の生成
ターボヌクレアーゼX XXX X
DNase IX XX X
DNase IIX XX X
ミクロコッカスヌクレアーゼXXXX X
ヌクレアーゼP1 X X X
ヌクレアーゼS1XXX X X
ホスホジエステラーゼI X X
ホスホジエステラーゼII XXXX X
RNase AX X X
RNase HX X X
RNase T1X X X
リボヌクレアーゼ最適化ブレンドX XXX


制限エンドヌクレアーゼ

DNA・RNA消化用ヌクレアーゼ

私たちのヌクレアーゼは、切断の特異性と至適pHなどの特性によって異なり、研究者は実験ニーズに最適な消化酵素を選択できます。たとえば、哺乳動物由来のデオキシリボヌクレアーゼIは、ペニシリウム、シトリナムから末端5’ P1を有する産物を生成し、一本鎖DNAおよびRNAを分解しますが二本鎖DNAは分解しません。リボヌクレアーゼAは、プラスミドDNAのタンパク質サンプルや調製物に夾雑するRNAをすべて加水分解します。これらの酵素の多くには、分子生物学における追加的用途があります。たとえば、DNase IはDNAに「ニック」を入れて、標識塩基の結合を可能にします。RNase Aは、特定のmRNA量を測定するRNase保護アッセイのツールです。

デオキシリボヌクレアーゼI・デオキシリボヌクレアーゼII DNase酵素

デオキシリボヌクレアーゼIは、二本鎖および一本鎖DNAのエンドヌクレアーゼ切断を触媒し、5'-ホスホジヌクレオチド、5'-ホスホオリゴヌクレオチドの最終産物を生成します。加水分解により、5'-ホスホモノヌクレオチド、オリゴヌクレオチドの複雑な混合物が生成します。DNase Iはマグネシウムイオン存在下で各々のDNA鎖を独立して切断し、その切断部位はランダムです。DNase Iはマンガン(II)存在下で両方のDNA鎖をほぼ同じ部位で切断します。ほとんどのプロトコルではマグネシウムイオンをDNase Iとともに使用しますが、特定の目的ではマンガンを使用します。また、デオキシリボヌクレアーゼIIは二本鎖・一本鎖DNAのエンドヌクレアーゼ切断を触媒し、ヌクレオシド3'-リン酸、3'-ホスホオリゴヌクレオチドの最終産物を生成します。活性pH域は4.0~6.5(pH 6.5での活性は約15%にとどまります)、至適pHは5.0です。酵素の安定性はpH 5~5.5で最適となり、pH 8.5では30°Cで急速に失活します。私たちは、さまざまなサンプルタイプやアプリケーションをサポートするDNaseを幅広く取り揃えています。凍結乾燥品または液剤のいずれも、私たちのDNaseの一部は含有するRNaseまたはプロテアーゼの濃度が著しく低く、サンプルを望ましくない消化から保護します。

リボヌクレアーゼA・リボヌクレアーゼH・リボヌクレアーゼT1 RNase酵素

リボヌクレアーゼAは、RNAのエンドヌクレアーゼ切断を触媒し、CpまたはUpで終わるヌクレオシド3'-リン酸および3'-ホスホオリゴヌクレオチドを生成します。RNase A は、カリウム、ナトリウム塩によって活性化されます。酵素の至適活性温度は60°Cですが、15~70°Cで活性を示します。至適pHは7.6、活性域は6~10です。一本鎖RNAに対して最も高い活性を示します。RNase Aは非常に安定した酵素であり、最高100°Cの温度に耐えることができます。100°Cでは、RNase AはpH 2.0〜4.5の範囲で最も安定しています。リボヌクレアーゼHは、RNA:DNA二重鎖においてRNAのホスホジエステル結合を特異的に加水分解し、3'-ヒドロキシル末端および5'-リン酸末端を有する産物を生成します。これは、DNA-RNAハイブリッドのRNA成分(相補的DNA鎖に水素結合しているRNA)のみを分解します。

さらに、リボヌクレアーゼT1は、RNAの2段階のエンドヌクレアーゼ切断を触媒し、主にGpを末端に有するヌクレオシド3'-リン酸および3'-ホスホオリゴヌクレオチドを生成します。この反応においては、グアニジンリボヌクレオチドの3'-リン酸基と隣接ヌクレオチドの5'-ヒドロキシルの間で切断が起こります。最初の生成物は2':3'環状リン酸ヌクレオシドであり、これが加水分解され、対応する3'-ヌクレオシドリン酸になります。溶液では、熱(pH 6で100°C、10分間)および酸に耐性がありますが、アルカリ溶液(>pH 9)では不安定です。この酵素によって触媒される反応は、反応混合物を100°Cに加熱しても停止できない場合があるため注意が必要です。私たちは、さまざまなサンプルタイプやアプリケーションをサポートするRNaseを幅広く取り揃えています。凍結乾燥品または液剤のいずれも、私たちのRNaseの一部は含有するプロテアーゼ濃度が著しく低く、サンプルを不要なタンパク質切断から保護します。