組織分離

組織分離・細胞分離の試薬およびリソースです。

細胞分離・組織分離用酵素は、組織の骨格構造および構造支持を取り除くために必要であり、細胞の生存や多くの下流アプリケーションの正常な実行に不可欠です。お客様の細胞分離、組織分離のニーズに最適な酵素を、トリプシン、コラゲナーゼ、パパイン、ヌクレアーゼ、ヒアルロニダーゼ、エラスターゼおよびプロテアーゼXIVなどからお選びください。私たちの酵素は、広範な特性解析、優れた酵素活性、ロット間の一貫性を提供し、お客様の次のブレークスルーをサポートします。



コラゲナーゼ

コラゲナーゼは、非変性型の3本ヘリックス型コラーゲンのペプチド結合を切断します。そのユニークな非変性型コラーゲンの加水分解能力により、コラゲナーゼは動物組織から細胞を分離するために広く用いられています。コラゲナーゼは、さまざまな微生物や多くの動物細胞に見られます。最も強力なコラゲナーゼは、嫌気性細菌Clostridium histolyticumにより分泌される”未精製”コラゲナーゼです。分子量が68,000~125,000 DaのClostridium histolyticumコラゲナーゼは、亜鉛やカルシウムを必要とするメタロプロテイナーゼです。私たちの精製コラゲナーゼ製品のカゼイナーゼ(タンパク質分解)活性またはクロストリパイン活性の量はごくわずかです。さらに、コラゲナーゼは、無血清培養条件および血清含有培養条件の両方に適しており、活性が穏やかなため高い細胞生存性が得られます。また、精製タイプVIIコラゲナーゼが細胞培養試験バージョンと無菌ろ過バージョンで提供されています。詳細は、コラゲナーゼ・Dispase®・Liberase®酵素の技術資料をご覧ください。

Roche社のコラゲナーゼ・Liberase®酵素

さらに、私たちが提供する、高度に特性解析されたRoche社のコラゲナーゼおよびLiberase®酵素のポートフォリオをご覧ください。私たちのLiberase®酵素は、コラゲナーゼI・IIをDispase®やサーモリシンと併用して広範な細胞型に対応するのに対し、Roche社のコラゲナーゼ酵素は、非常に多くの種類の細胞型との使用に適しています。Roche社の各組織分離酵素は、優れた酵素活性、ロット間の一貫性が得られるように調製され、お客様が次のブレークスルーを起こせるよう支援します。

トリプシン

トリプシンは、接着性細胞株分離、組織分離に一般的に用いられるセリンプロテアーゼです。通常、未精製トリプシン製品はいずれのアプリケーションにおいても効率的であることが判明しています。培養細胞は通常、トリプシンまたはトリプシン-EDTA溶液処理により培養基質から除去されます。トリプシン濃度は0.025%~0.5%です。しかし、高濃度トリプシンとともに細胞を長期間インキュベートすると、細胞膜を損傷し、細胞が死滅します。組織分離に関しては、トリプシンは単独または他の酵素に対するサプリメントとして使用されています。詳細は、トリプシンの技術資料をご覧ください。

その他の組織分離・細胞分離酵素

私たちの包括的なポートフォリオには、お客様に特定の細胞培養ニーズや組織分離ニーズに適したさまざまな組織分離酵素が含まれています。例えば、組織分離に用いるヒアルロニダーゼは、プロテアーゼのサプリメントとして最も一般的に使用されます。これは、N-アセチルガラクトサミンまたはN-アセチルガラクトサミン硫酸塩と、ヒアルロン酸、コンドロイチン、コンドロイチン4-・6-硫酸塩、デルマタンに含まれるグルクロン酸との間の、1,4-b-D-グリコシド結合の無作為加水分解を触媒します。DNase、RNaseなどの各種ヌクレアーゼは、採取中に損傷した細胞からの核放出により生じた粘性を下げるために有用です。パパインは、比較的非特異性のパパイアラテックス由来スルフヒドリルプロテアーゼです。パパインは単独またはコラゲナーゼなど他のプロテアーゼに添加して使用されます。詳細は、お客様の組織分離・細胞分離のワークフローニーズに適した私たちの酵素および技術資料をご覧ください。