Merck
Search Within
Applications
Content Type
Collections

facet-search

Applied Filters:
Applications:Polymer synthesis
Content Type:Technical Article
Showing 1-30 of 83 results
Sort by Relevance
メソポーラス材料
メソポーラス材料の合成方法について、その一例をご紹介します。
PEG化(PEGylation)
PEG修飾のツールとなる二官能性エチレングリコールビルディングブロック類をはじめ、ホモ/ヘテロ2官能性PEG、一官能性メトキシPEGなど、多数のPEG関連化合物を販売しております。
温度・pH応答性PNIPAMポリマー
刺激応答性ポリマーは、環境変化に応じた標的デリバリーおよび放出制御を可能にする材料として広く用いられています。
RAFT重合によるタンパク質およびペプチドとポリマーとのコンジュゲート
RAFTプロセスは多用途性に優れているため、特にペプチドやタンパク質などの生体分子の修飾に理想的な方法です。ペプチドやタンパク質に官能基や新たな特性を導入することを可能にするだけなく、バイオコンジュゲートのために柔軟な合成法を用いることができます。
切り替え可能なRAFT剤
シグマアルドリッチより販売している切り替え可能なRAFT剤のご紹介です。RAFT剤のプロトン化・脱プロトン化によって、より簡便にブロック共重合体の精密合成が可能になります。
PEG修飾のための官能基化ポリエチレングリコール
シグマアルドリッチでは、効率的なPEG化のための各種PEG化試薬を幅広く取り揃えています。
材料科学におけるポリマー分析
プロトンNMR末端基分析法を用いた、ポリマーの数平均分子量(Mn)の計算方法について説明します。
リソグラフィ/ナノパターニング用ヘキサフルオロアルコール官能基化メタクリル酸モノマー
HFAメタクリラートを含んだポジ型フォトレジストは、193nmドライリソグラフィを用いて製造したいくつかの世代のチップ生産に重要な役割を果たしています。
ナノクレイ
モンモリロナイトナノクレイをポリマーに分散させることで、機械的強度の増加、ガス透過性の減少、耐燃性の向上、さらに透明性の向上などが期待されます。
Micro Review:RAFT重合
CSIROの研究者による、RAFT重合に関するレビューです。
光重合開始剤 (LAP/水分散性TPOナノ粒子)
水溶媒中での光重合を可能にする新たな化合物として、LAPおよび水分散性TPOナノ粒子光重合開始剤をご紹介します。
高分子末端へのアジド基とアルキン基の導入
クリックケミストリーのための高分子末端へのアジド基とアルキン基の導入について、具体例を示しています。
モノマー合成のための連続フロー製造
眼科デバイス用モノマーの製造は、純度向上や製造供給の信頼性向上の必要性により推進されますが、最終的にはコンタクトレンズを装用する際の快適さや安全性の向上の必要性がその原動力となっています。1日使い捨てコンタクトレンズには、多くのユーザーが持つこのニーズに対処できる可能性がありますが、週・月単位の定期交換レンズと比べるとコストが高いことが普及のネックとなっています。コンタクトレンズをより手頃な価格にして、コンタクトレンズ市場の成長を加速させるには、コスト構造を改善して、さらに高品質の原材料を得られるようにする新たなアプローチが必要です。
カーボンナノファイバー(CNF)の物性と応用
カーボンナノファイバー(Pyrograf)は、機械的特性に優れ、電気伝導性および熱伝導性が高いため、熱可塑性、熱硬化性プラスチックをはじめとするさまざまな材料の機能性強化が可能です。
有機および有機-無機ハイブリッドポリマーの分子層堆積
分子層堆積(MLD)はALDと同様に逐次の自己限定的表面反応に基づいており、有機および有機-無機ハイブリッドポリマーの精密な堆積が可能です。
歯科用修復材料開発の進展
歯科用コンポジット材料の開発のための新たなモノマーの設計や新規重合反応の検討について解説していただきました。
エレクトロスピニング法:ナノ構造材料のための有効な技術
エレクトロスピニング技術による複雑な構造の作製について考察し、特に血管移植や組織工学の分野への応用について説明します。
自己組織化単分子層とSAMDI-ToF質量分析法による表面化学
界面反応によって得られる生成物を迅速に評価できる自己組織化単分子層とマトリックス支援レーザー脱離イオン化質量分析法とを組み合わせた「SAMDI MS」と呼ばれる手法について説明します
生体直交型クリック反応による汎用性の高い細胞培養足場の作製
クリックケミストリーは、非常に簡便で汎用性をもち、再生医療用途の複合材料足場を構築する上で生体直交性を示すことから、細胞培養および送達用の生体材料足場の分野に数々の技術改革をもたらしています。
超分岐フルオロカーボンポリマー
フルオロカーボンポリマーは、低分子フルオロカーボンと同様に、類似の炭化水素類と比較して、熱安定性、疎水性、疎油性、耐薬品性に優れ、低い分子間引力を示します。
眼科材料用高純度モノマー&ポリマー
シグマ アルドリッチでは、開始剤や架橋剤、色素、溶媒とともに、眼科材料向け高純度モノマーおよびポリマーの品揃えが充実しています。
Tutorial:生体材料
生体材料(生体適合性高分子・無機材料、生分解性高分子)に関するレビューです。アルドリッチでは、生分解性・生体適合性高分子やそのモノマー、架橋剤、ヒドロキシアパタイト、デンドリマーやデンドロンなど、多数の生体材料関連化合物を取り扱っております。
診断用および薬物送達用ナノ粒子の合成におけるグルコースポリマーの応用
Dmitri Simberg(米国コロラド大学アンシュッツメディカルキャンパス)が、薬物送達で使用されるナノ粒子の合成のためのデキストランとデキストリンの使用について説明します。
NTz:π共役系エレクトロニクス材料のための新規電子欠損性ビルディングブロック
高性能半導体ポリマーとして期待されるNTz含有半導体ポリマー作製ビルティングブロック「NTz、PB2-NTz」について、理化学研究所の瀧宮和男先生に解説していただきました。
ATRP: 精密制御された機能性ポリマーを自在に合成可能な重合法
原子移動ラジカル重合(ATRP)を用いた制御された機能性ポリマーの合成についてご紹介します。
重合開始剤および安定剤に関するFAQ
開始剤の選択方法や安定剤除去など、一般的なFAQをまとめました。
双頭型重合剤による機能性バイオマテリアルの合成
双頭型重合剤(dual initiator、二官能性もしくはヘテロ官能性開始剤とも呼ばれます)は、同時重合を独立的かつ選択的に開始できる二つの機能性部位を有しています。
ニトロキシドを介したラジカル重合(NMP):市販の開始剤を用いたブロック共重合体合成
ニトロキシドを介したラジカル重合(NMP)の概略とNMP開始剤について、実際のプロトコルを中心にご紹介します。
グラフトポリマー層を使用した表面改質用汎用プラットフォーム
無機および高分子基板上に化学的にグラフト化されたナノスケールの高分子膜(ポリマーブラシ)の合成と特性解析について紹介します。
高屈折率・低屈折率コーティング用材料
高屈折率・低屈折率のポリマーや、屈折率制御のための添加剤としてジルコニウムおよびハフニウムをベースとするアクリラートモノマーを販売しております。
Page 1 of 3
Page 1 of 3