Merck
ホームDNA・RNAの精製DNaseフリーRNaseプロトコル

DNaseフリーRNaseプロトコル

製品番号11119915001

プロトコル

RNase分解の条件

0.1 mU DNaseフリーRNaseは、反応量50 μLのPCRグレード水中で1 μg RNAを分解します(30分、37℃)。DNaseフリーRNaseのタンパク質濃度は0.5 μg/μLです。本酵素の比活性度は30 U/mgであり、1.5 mU/μLに相当します。RNase1μLは15 μg RNAを30分で完全に分解するのに十分です。生物サンプル中のRNAの正確な濃度は定かでなく、通常は定量的なRNA分解が求められるため、過剰量のRNaseが推奨されます。

RNaseは特定の反応バッファーを必要としません。純水およびTrisまたはNaCl存在下で活性を示します。

サンプルからRNAを除去するため、DNaseフリーRNaseを添加し、+15~+25℃または37℃のいずれかでインキュベートします。

例えば、0.5 μLのRNaseを106 cells由来の核酸に添加し、+15~+ 25 ℃または+37℃でインキュベートします。107 cells由来の核酸には、1.5 μLのRNaseを添加し、30分間 + 37℃でインキュベートします。108 cells由来の核酸には、16 μ LのRNaseを添加し、30分間 + 37℃でインキュベートします。

関連製品
Loading
ログインして続行

続きを確認するには、ログインするか、新規登録が必要です。

アカウントをお持ちではありませんか?