Merck
ホーム固相抽出(SPE)古典的な液-液抽出に代わる保持液抽出 - EXtrelut® NT

古典的な液-液抽出に代わる保持液抽出 - EXtrelut® NT

SLE:Emulsion-Free Supported-Liquid Extractions

SLE:Emulsion-Free Supported-Liquid Extractions

多くの場合、分液ロートを使った古典的な液-液抽出(LLE)はエマルジョンを形成するため、不完全な相分離、大量の有機溶媒消費、自動化の煩雑さ、人件費の高さといった欠点を伴います。EXtrelut®NTは分液ロートに代わる、保持液抽出にて液-液抽出を簡便化します。ワンステップで使えるため、分液ロートによる分離・抽出より効率的で、溶媒などの消耗品や時間を節約できます。

EXtrelut® NTの仕様

LLEに勝るEXtrelut® NTの利点

  • 最小限の溶媒使用量
  • 簡単
  • 大きな試料容量と高いスループット性
  • エマルジョンを形成しない抽出物
  • 微量分析に適した高い純度

EXtrelut® NTの吸着剤は汎用性が高く、生体試料、水分析、飲料・食品、および環境アプリケーションに使用可能です。あらゆる水系試料のLLEをEXtrelut® NTによる保持液抽出に置き替えることができます。

簡便な作動原理によって、回収率および抽出精製度の向上が実現できます。水系試料は珪藻土上で分配され、 化学的に不活性なマトリックス上に水相を形成し、固定相として作用します。

続いて、水と混和しない有機溶媒(例えば、ジエチルエーテル、酢酸エチル、ハロゲン化炭化水素)を使用して溶出されます。脂溶性物質はすべて水相から有機相に抽出されます。この溶出処理の間、水相は固定相に残ります。溶出液はエマルジョンを形成することなく、溶媒を蒸発させてその後の測定に用いることができます。

水系試料用EXtrelut® NTプレパックカラムの容量は名称ごとに規定されています。

少量の試料は希釈する必要があります。多量にアプライすると、カラムが破過し、水が流出して溶媒中に入ってしまいます。

溶出は試料の2~3倍の量で行います。液体は重力によってカラム中を通過します。カラム出口のカニューレは溶媒の流れを制御します。

EXtrelut®NTの抽出パラメーター

  1. 水が試料に流出しないようにするために、指定の試料量を守ってください。
  2. 抽出前の待ち時間が短いと、回収率が悪化することがあります。
  3. 推奨される試料量を守ってください。溶液量が少ない場合は、指定された量になるように希釈する必要があります。

アプリケーション:EXtrelut® NT SLE処理後の血清中抗てんかん薬(AED)におけるHILIC分離

EXtrelut® NTは尿、全血、血漿、血清、胃液、髄液、羊水、糞便、動物および植物組織の試料調製に使用されてきました。この他にも、工業用水、家庭用水、排水の分析前処理といった環境分析、残留分析分野での利用例があります。また、体液から酸性および塩基性物質(薬物とその代謝物など)を分画溶出することも可能です。

EXtrelut® NT SLE処理後の血清中抗てんかん薬(AED)におけるHILIC分離

図1EXtrelut® NT SLE処理後の血清中抗てんかん薬 (AED) におけるHILIC分離。

血清中抗てんかん薬(AED)の測定

血清中抗てんかん薬(AED)の測定
EXtrelut® NTプレパックカラム
Loading
EXtrelut® NT充てん剤
Loading
EXtrelut® NTアクセサリー
Loading