両末端標識プローブ

両末端標識プローブは、qPCRにおいて最も一般的なプローブで、加水分解プローブとも呼ばれます。

以下の用途に両末端標識プローブをご使用ください:

  • マイクロアレイバリデーション
  • 標的遺伝子や低コピー数ターゲットの検出
  • 病原体検出
  • マルチプレックス
  • ウイルスの検出
  • 遺伝子発現解析
  • 遺伝子コピー数解析

MISSION® siRNAおよびshRNAによるノックダウンのバリデーションに最適です。

両末端標識プローブの使用には次の利点があります:

  • シーケンス特異性の設計が簡単に
  • レポーター/クエンチャーの組み合わせが豊富
  • 感度向上

Locked Nucleic Acid 挿入のメリット:

  • 熱安定性とハイブリダイゼーション特異性の向上
  • SNP検出、対立遺伝子識別、in vitro定量/検出における精度向上
  • 困難なターゲットシーケンスでも、より簡単で感度の高いプローブを設計できる

両末端標識プローブのメカニズム

両末端標識プローブは、2種類の色素で標識した一本鎖オリゴヌクレオチドです。レポーター色素は5'末端、クエンチャー分子は3'末端に位置します。クエンチャー分子は、蛍光共鳴エネルギー移動(FRET)によってレポーターの蛍光発光を阻害します。その仕組みを下に図示します。

両末端標識プローブのメカニズム

ポリメラーゼによってプライマーが伸長し、特異的なDNA鋳型に結合します。加水分解によってプローブ/標的のハイブリッドからレポーターが放出され、蛍光が増強します。測定された蛍光シグナルは、標的DNAの量に正比例します。

製品の特長:

  • 保証収量:1、3、5、10 OD
  • 精製:HPLC
  • 鎖長:15~40塩基
  • 品質管理:100%質量分析
  • 納品形態:遮光チューブ入り乾燥品
  • カスタムフォーマットもご利用いただけます(濃度調整、特殊プレートなど)

メルクのプローブは、実験を簡素化する納品形態でお届けします。

保証収量

*1ODで4 nmolまたは32 µg、25 µL反応で200 nM(5.0 pmol/反応)を基準に算出しています。平均鎖長25塩基を基準に算出しています。

スペクトル特性表

1JOE/TETの代替
2VIC®の代替
3Cyanine 3の代替
4TAMRA™の代替
5Cyanine 5の代替

出荷予定

*国際輸送や通関の遅れなどにより、納期が長くなることがあります。大量合成の場合、お客様のプロジェクト内容に応じて納期を決定します。
Loading

ソーシャルメディア

LinkedIn icon
Twitter icon
Facebook Icon
Instagram Icon

Merck

研究、開発、製造

私たちは、バイオテクノロジーと医薬品の研究&開発および製造のソリューションとサービスを提供する、グローバルなライフサイエンス業界のリーディングサプライヤーです。

© 2021 Merck KGaA, Darmstadt, Germany and/or its affiliates.All Rights Reserved.

当ウェブサイトのいかなる内容についても、許可なく複写することを禁じます。