C-H活性化反応マニュアル ダウンロード

あなたの合成プランにC-H活性化反応を。

Sigma-Aldrichブランドでは、皆様の合成研究の可能性を広げるお役に立てることを目指しています。新しい「C-H活性化反応マニュアル」は、近年、研究が加速し適用範囲が広がっているC–H活性化反応について概要を学び、合成プランに適用できるか検討頂くために必要な情報を集約しています。

C–H活性化反応は、有機合成化学の中でも有望な分野であると期待されています。C–H結合からC–C、C–N、C–OまたはC–X結合へ、選択的かつ精密に制御された方法により、少ない副反応で効率よく目的物が得られることから、従来のクロスカップリング反応に比べて反応工程短縮および廃棄物削減といった多くのメリットをもたらすことが期待されます。

C–H活性化反応は、特定の分子において反応ターゲットにできるサイトの選択肢を増やし、より複雑な化合物合成のチャンスを増やすのみならず、従来とは完全に異なる化学結合をターゲットにできる高度な化学選択性を備えている点が特徴です。


 

「C-H活性化反応マニュアル」のポイント
  • 数あるC-H活性化反応の中から、反応理解の手助けになる事例をピックアップ
  • 反応開発者からの反応テクニックやメリット紹介
  • 反応ごとに分類された反応性や選択性の予測
  • 代表的な反応条件情報のまとめ
  • 関連する製品情報をリストアップ

 

Methods for a different set of rules Direct C–H Functionalization
Undirected, Metal-Mediated C–H Functionalization
Undirected Radicals

著者一覧

  • Dr. Julian G. West, California Institute of Technology
  • Dr. Daniel Morton, Emory University
  • Dr. T. Aaron Bedell, Stanford University
  • James B. C. Mack, Stanford University

ドイツのダルムシュタットに本社を置く{ メルク }のライフサイエンスビジネスでは、Sigma-Aldrichブランドを通して有機合成分野の先駆的研究者と長期にわたり提携することで、質の高い知識の共有、教育リソース提供、最先端試薬の提供に努め、皆様の研究活動をサポートしてきました。この「C-H活性化反応マニュアル」は、米国国立科学財団 化学イノベーションセンター(NSF CCI)の、選択的C-H活性化センターの研究者監修の下、制作されています。











You can unsubscribe at any time