Synthia™逆合成解析ソフトウェア



 

逆合成解析をサポートする新しいツール

Synthia™


目的の化合物に至る合成ルートを設計する上で最大の課題は、膨大な過去の報告例や自身の知見を元に、数多くの可能性の中から真に実用的な合成ルートを見出すことでしょう。

Synthiaは、ユーザーの指定した条件のもと、既知・新規化合物の合成ルートを迅速に提案します。

New!半年間の短期間ライセンス8月末までの期間限定でご用意しました。
コロナウイルスと共存する新たな研究スタイルにご活用ください。
New!アカデミアユーザー様向けのライセンスを開始しました。

Synthiaに関する詳細は、シグマアルドリッチジャパンへお気軽にお問合せください。

国内お問い合わせ先 sialjp.chemistry-service@merckgroup.com

Synthia™逆合成解析ソフトウェア

 


有機化学者が反応ルールをコード化

有機化学とコンピュータ科学がタッグを組み、15年以上かけて開発した逆合成解析ツールがSynthiaです。
反応の各ステップで、反応中心の相互作用を検証するだけでなく、共存しえない官能基や、立体選択性、位置選択性を含めた反応の選択性を分子全体で評価します。
・高度で精緻なアルゴリズム
・100,000以上の反応ルール
・非現実的な中間体や反応は除外

実用的な同棲ルートを提案

・報告例のない新規ルートも解析
・ユーザーの”合成スタイル”を設定可能


解析をサポートする3つのモジュール

Automatic Retrosynthesis

コンピュータ支援による逆合成解析を自動で行うモジュール。コスト、ステップ数、保護基の有無、その他ユーザーが指定する条件を考慮しながら市販の基質へ至る逆合成ルートを導きます。

Manual Retrosynthesis

逆合成ルートを手動で設計。目的化合物から出発物質への逆合成の各ステップについて、可能性のあるすべての反応を確認しながら設計できます。

Known Network of Organic Chemistry (NOC)

1千万以上の基質と関連する反応の文献データベース。製造コスト、ステップ数、基質の文献報告数により、最適な合成ルートを迅速に提案します。

Synthiaは、有機合成の開発を加速し、コスト削減を達成するだけでなく、
有機合成化学者に新しいアイデアを与えてくれるツールです。
 

国内お問い合わせ先 sialjp.chemistry-service@merckgroup.com