有機合成化学

Jamisonニッケル(Ⅱ)触媒前駆体

はじめに

ニッケル触媒は、幅広く合成に有用性を発揮します。しかしながら、安定性の高いニッケル(0)ソースの不足と、高い触媒添加量が、その使用を制限していました1。そこでJamisonの研究グループは、in situで活性触媒になる安定性の高いホスフィン含有ニッケル(Ⅱ)触媒前駆体ライブラリを構築しました2,3

利点

  • 空気、水分に対する安定性
  • in situで活性触媒に変換される
  • グローブボックス不要

代表的なアプリケーション2

製品

     

References

  1. Tasker, S. Z.; Standley, E. A.; Jamison, T. F. Nature 2014, 509, 299–309.
  2. Standley E. A.; Jamison, T. F. J. Am. Chem. Soc. 2013, 135, 1585–1592.
  3. Standley, E. A.; Smith, S. J.; Müller, P.; Jamison, T. F. Organometallics 2014, 33, 2012–2018.