有機合成化学

EnCat™及びその他の固定化触媒

KitAlysis™ ハイスループット スクリーニング キット

Article outline

カップリング反応への応用

水素化反応

ジヒドロキシル化反応

アルドリッチでは、鈴木-宮浦カップリング、Stillカップリング、Heck反応、カルボニル化、水素添加、ジヒドロキシル化反応などに有用な種々の遷移金属固定化触媒を取り扱っています。

カップリング反応への応用

Pd(II) EnCat™

Pd(II) EnCat™は、幅広い反応に利用できる、固定化された酢酸パラジウム触媒です。配位子を含むタイプと含まないタイプがありますが、いずれも堅牢な多孔性の尿素樹脂に固定化され、簡単で迅速かつクリーンな反応プロセスを実現します。この再生可能な触媒は、クロスカップリング反応、Heckカップリング反応、カルボニル化反応において優れた活性を示します。

クリーンな生成物 通常、反応粗生成物中の残留Pdは10ppm未満
クリーンな廃液 PdEnCat™の使用による触媒ロスの低減
迅速で効率的なプロセス EnCat™類はろ過性が良好
クリーンなプラント 金属、配位子はビーズに固定化
プロセスの改善 多くのカップリング反応で高活性
プロセスの増強 バッチ、フローのいずれのプロセスでも使用可能

技術資料

  1. Pd(0) and Pd(II) EnCat™ Presentation (2.8 MB PDF)
  2. Pd(II) EnCat™ Technical Flier (485KB PDF)
  3. Pd(II) EnCat™ User Guide (72 KB PDF)

製品リスト

製品番号 製品名 封入リガンド 製品詳細
644714 Pd(II) EnCat™ 30 none Extent of labeling: 0.4 mmol/g Pd loading
644722 Pd(II) EnCat™ 40 none Extent of labeling: 0.4 mmol/g Pd loading
644706 Pd(II) EnCat™ TPP30 PPh3 Extent of labeling: 0.4 mmol/g Pd loading, Pd 1.0, TPP 0.8
644692 Pd(II) EnCat™ TOTP30 P(o-tolyl)3 Extent of labeling: 0.4 mmol/g Pd loading, Pd 1.0, TOTP 0.5
658693 Pd(II) EnCat™ BINAP30 rac-BINAP Extent of labeling: 0.39 mmol/g Pd loading, Pd 1.0, BINAP 0.25
666335 Pd(II) EnCat™ Kit I Contains 1 g units of: 644692, 644706, 644714, 644722, and 658693

References:

  1. Ladlow, M et al. Org. Biomol. Chem. 2003, 1, 2419.
  2. Ley, S. V. et al. Org. Biomol. Chem. 2004, 2, 611.
  3. Ley, S. V. et al. Chem. Commun. 2005, 2175.
  4. Pilotti, P. et al. Pharm. Disc. 2005, 5(8), 32.
  5. Nájera, C. et al. Tetrahedron 2005, 61, 12168.
  6. Ley, S. V. Chem. Eur. J. 2006, 12, 4407.
  7. Yamamoto, Y. et al. Synlett 2006, 1027.
  8. Ley, S. V. et al. Chem. Commun. 2002, 1132.
  9. Ley, S. V. et al. Chem. Commun. 2002, 1134.
  10. Ley, S. V. et al. Synlett 2002, 1843.
  11. Pears, D. A. et al. Aldrichimica Acta 2005, 38, 23.
  12. Leeke, G. A. et al. Org. Process Res. Dev. 2007, 11, 144.
  13. Ley, S. V. et al. Synlett 2007, 1251.

LaPCat™

LaPCat™キットは、様々な有機反応に有用な、ペロブスカイト構造の不均一触媒を含むパラジウム・銅の6種の触媒キットです。LaPCat™触媒は、種々の基質に対し多くのカップリング反応において極めて高い触媒活性を示します。

キット内触媒の詳細

触媒 化学式 表面積 (m2/g) 粒径 (μm) 反応
FP2 LaFe0.95Pd0.05O3 5.5 41.1 Suzuki
FP8 LaFe0.80Pd0.20O3 5.7 3.3 Suzuki
CoP LaFe0.57Co0.38Pd0.05O3 3.4 4.0 Suzuki, Heck, Sonogashira
CuP LaFe0.57Cu0.38Pd0.05O3 12 3.7 Suzuki, Sonogashira, Ullmann
CoCu La0.9Ce0.1Co0.60Cu0.40O3 7.9 5.4 Ullmann
YBCu YBa2Cu3O7 0.3 10.6 Ullmann

上の表に示すとおり、LaPCat™の各触媒は、重要な炭素-炭素結合形成反応において幅広く利用可能です。

クリーンな生成物 粗生成物中の金属不純物は通常10ppm以下
クリーンな廃液 LaPCat™により触媒ロスを低減
迅速で効率的なプロセス 均一系触媒と同等もしくは優れた活性
プロセスの改善 触媒量の低減
コスト削減 再利用可能

技術資料

  1. LaPCat™ Presentation (1.3 MB PDF)
  2. LaPCat™ Technical Flier (365 KB PDF)
  3. LaPCat™ User Guide (287 KB PDF)
Product Product Name Description
674052 LaPCat™ Perovskite Catalyst Kit I Six 100 mg samples of LaPCat™ catalysts: FP2, FP8, CoP, CuP, CoCu, and YBCu

↑ このページの先頭へ

水素化反応

Pd(0) EnCat™ 30NP

Pd(0)EnCat™ 30NPは、水素化反応や水素移動反応に有用なPd(0)のナノ粒子を固定化した樹脂で、化学選択性に優れ、簡単で迅速かつクリーンなプロセスをより高い安全性で実現します。EnCat™ビーズに固定化したPd(0)ナノ粒子は管理された製造プロセスのもとで製造され、バッチ間の再現性は極めて高くなっています。

クリーンな生成物 通常、反応粗生成物中の残留Pdは1ppm未満
クリーンな廃液 PdEnCat™の使用による触媒ロスの低減
迅速で効率的なプロセス EnCat™ビーズはろ過性が良好でリサイクル可能
クリーンなプラント Pd金属はビーズに固定化
高い選択性 水素化及び水素移動反応で良好な結果
プロセスの増強 Pd/C 触媒に比べ発火性が低い
安全性の改善 バッチ、フローのいずれのプロセスでも使用可能

技術資料

  1. Pd(0) and Pd(II) EnCat™ Presentation (2.8 MB PDF)
  2. Pd(0) EnCat™ 30NP Technical Flier (518 KB PDF)
  3. Pd(0) EnCat™ 30NP User Guide (340 KB PDF)
  4. Pd(0) EnCat™ 30NP Debenzylation Guide (159 KB PDF)
製品番号 製品名 製品詳細
653667 Pd(0) EnCat™ 30NP nanoparticles, extent of labeling: 0.4 mmol/g Pd loading

References:

  1. Ley, S. V. et al. Chem. Comm. 2003, 678.
  2. Ley, S. V. et al. Beil. J. Org. Chem. 2006, 2, 15.
  3. Ley, S. V. et al. Org. Lett. 2003, 5, 4665.
  4. Ley, S. V. et al. Org. Biomol. Chem. 2004, 2, 160.
  5. Ley, S. V. et al. Chem. Commun. 2002, 1132.
  6. Pears, D. A. et al. Aldrichimica Acta 2005, 38, 23.
  7. Quai, M. et al. Tetrahedron Lett. 2007, 48, 1241.

Pt(0) EnCat™ 40

Pt(0)EnCat™ 40は、水素化反応に有用な触媒で、化学選択性に優れ、白金-炭素にくらべて簡単で迅速かつクリーンなプロセスをより高い安全性で実現します。樹脂に包埋した活性な白金を単離することにより、Pt/Cの代替となりうる取り扱いが簡単で安全な触媒が生まれました。特にニトロ基の水素化とハロゲン存在下での還元的アミノ化反応に高い活性を示します。

クリーンな生成物 反応粗生成物中の残留Ptが極めて低い
クリーンな廃液 EnCat™の使用による触媒ロスの低減(通常、< 0.005% Pt)
迅速で効率的なプロセス EnCat™ビーズはろ過性が良好
クリーンなプラント Pt金属はビーズに固定化
高い選択性 水素化反応で良好な結果
プロセスの増強 バッチ、フローのいずれのプロセスでも使用可能
安全性の改善 初期試験において、空気中で活性触媒の発火性が認められない

技術資料

  1. Pt(0) EnCat™ 40 Presentation (323 KB PDF)
  2. Pt(0) EnCat™ 40 Technical Flier (43 KB PDF)
  3. Pt(0) EnCat™ 40 User Guide (43 KB PDF)
製品番号 製品名 製品詳細
681504 Pt(0) EnCat™ 40 Wet, encapsulated nanoparticles, extent of labeling: 0.12 mmol/g Pt loading (dry basis)

↑ このページの先頭へ

ジヒドロキシル化反応

Os EnCat™ 40

四酸化オスミウム(OsO4)は、オレフィンの酸化的開裂とジヒドロキシル化反応にたいして最も信頼性が高く効果的な触媒として知られていますが、毒性が高く揮発性があり高価なために、スケールアップには現実的ではありません。四酸化オスミウムを固定化し安定化させたOs EnCat™ 40は、安全性が高く取り扱いが簡便な触媒であり、酸化反応に有用です。

上の写真は、固定化したOsO4の安定性をよく示しています。コーン油を入れた容器に、揮発性の四酸化オスミウムの入ったバイアルを置くと、ただちに反応して黒い分解物が生じます。一方、同様にOs EnCat™ 40を入れたバイアルをコーン油中に静置すると、数ヶ月間経過しても変化はみられません。

クリーンな生成物 通常、反応粗生成物中の残留Osは100 ppm未満
保存、移動や取り扱いが容易 低レベルのOsO4蒸気
迅速で効率的なプロセス 樹脂ビーズはろ過性が良好
高い選択性 不斉ジヒドロキシル化反応で良好な結果
クリーンなプラント OsO4はビーズに固定化
コスト削減 リサイクル可能
プロセスの増強 バッチ、フローのいずれのプロセスでも使用可能

技術資料

  1. Os EnCat™ 40 Technical Flier (73 KB PDF)
  2. Os EnCat™ 40 User Guide (111 KB PDF)
製品番号 製品名 製品詳細
658685 Os EnCat™ 40 Extent of labeling: 0.3 mmol/g Os loading

References:

  1. Ley, S. V. et al. Org. Lett. 2003, 5, 185.
  2. Borhan, B. et al. Tetrahedron Lett. 2006, 47, 3797.
  3. Ley, S. V. et al. Org. Lett. 2003, 5, 185.
  4. Ley, S. V. et al. Org. Biomol. Chem. 2003, 1, 3957.

Technology Spotlights 一覧に戻る

パラジウム触媒・固定化触媒については左記のページもご参考ください。
器具・消耗品大特価キャンペーンバナー画像