有機合成化学

AISF : 安定性が高い固体のスルフリルフッ素化試薬

フッ化スルフェートおよびスルファモイルフルオリドは、ジアリールスルフェート、スルファミドおよびスルファメート化合物への重要な合成前駆体であることに加え、ケミカルバイオロジーや高分子科学にまで用途が広がっています。従来、フルオロスルフェートとスルファモイルフルオリドの合成には、スルフリルフルオリドガスを使用しなければなりませんでした。この反応には、有毒ガス状物質の調達の問題や、特別な専用反応器の必要性、ハンドリング時の安全対策の問題から、実際には使用が限られています。

Sulfurylation of Phenols and Amines

PfizerとBioDuroの研究者により開発された、4-(acetylamino)phenyl]imidodisulfuryl difluoride (AISF, 901243)は、実験環境で安定な結晶性固体です。取扱いの難しいスルフリルフルオリドガスの代替となる、SO2F基を導入する有用な反応試薬です。

AISF - [4-(Acetylamino)phenyl]ImidodiSulfuryl

利点

  • ベンチ安定性が高い結晶性固体で、フルオロスルフェートやスルファモイルフルオリド合成に使用可能
  • 吸湿性が無い
  • 特別な反応器を必要としない(有毒なスルフリルフルオリドガスの使用を避けられる)
  • 温和で、室温環境下で反応が進行
  • 基質適用範囲が広い

Fluorosulfates

一般的な反応方法:フェノールまたはアミン基質 (0.4 mmol) およびAISF (901243; 134mg, 0.48 mmol, 1.2 equiv.)を含有する1ドラムバイアルに、THF (2ml), 続いて1,8-ジアザビシクロ[5.4.0]ウンデカ-7-エン (132uL, 0.88mmol, 2.2 equiv.)を30秒かけて添加。反応混合物を室温で10分間攪拌し、続けて酢酸エチルまたはエーテルで希釈し、0.5N 塩酸 (2回)および食塩水 (1回)で洗浄。有機層を無水硫酸ナトリウムで脱水し、減圧濃縮。残留物をシリカゲルフラッシュクロマトグラフィーにて精製。

その他の塩基や溶媒を用いた反応条件による検討結果

Additional base and solvent combinations

Additional base and solvent combinations

フェノール類の1ポット反応への応用例

Application to single-flask transformations of phenols

AISFの水系反応条件化におけるペプチドの官能基化

AISF can be applied to peptide functionalization

本スポットライト記事執筆にご協力頂いた、Chris am Ende研究員 (Pfizer)および、BioDuro研究チームの皆様に感謝申し上げます。

文献

  1. Zhou, H.; Mukherjee, P.; Liu, R.; Evrard, E.; Wang, D.; Humphrey, J. M.; Butler, T. W.; Hoth, L. R.; Sperry, J. B.; Sakata, S. K.; Helal, C. J.; am Ende, C. W. Org. Lett. 2018, 20, 812.
     

Technology Spotlights 一覧に戻る