ADME/Tox & DMPK in vitro systems

シグマ アルドリッチは、創薬におけるADME / ToxおよびDMPK試験のための様々なソリューションを提供します。

  • 野生型および薬物トランスポーター遺伝子ノックアウト細胞株
  • FDA/EMA 非臨床試験ガイダンスに収載されている薬物トランスポーターに関するin vitroアッセイキット(トランスポーターアッセイ用膜ベシクル)
  • 細胞アッセイ/ in vitroアッセイのための誘導剤、阻害剤、酵素および基質
   
ヒト小腸様細胞株 Caco-2 (C2BBe1) ヒト肝細胞株 HepaRG 5F ヒト腎近位尿細管細胞株 RPTEC SA7K
C2BBe1細胞株は、複数の薬物トランスポーターを発現、タイトジャンクション形成能を有し、トランスポーターアッセイに理想的な実験系を実現します。
【トランスポーターノックアウト細胞】
  • MDR-1
  • BCRP
  • MRP2
  • MRP1
  • MRP3
  • MRP4
  • MRP5
  • MRP7
【トランスポーターダブルノックアウト細胞】
  • MDR1/BCRP
  • MDR1/MRP2
  • BCRP/MRP2
HepaRG 5F細胞株は他の肝癌由来細胞株よりも高い薬物代謝活性を示し、ヒト肝アッセイの様々な用途に使用可能です。
【コントロール細胞】
HepaRG 5F control
【トランスポーターノックアウト細胞】
  • PXR
  • CAR
  • AhR
  • OATP1B3
  • BSEP
  • MDR1
  • MDR2
  • BCRP
  • PERK
  • MDR3
  • MRP3
RPTEC SA7Kはシグマ アルドリッチがCompoZrジンクフィンガーヌクレアーゼゲノム編集技術によって開発した独自のヒト腎近位尿細管細胞株です。
【コントロール細胞】
Kidney PTEC control (SA7K Clone)
【トランスポーターノックアウト細胞】
  • MDR1
   
イヌ腎臓尿細管上皮細胞株 MDCK II トランスポーターアッセイ用膜ベシクル 組み換え代謝酵素
基質、誘導剤、阻害剤
CRISPRゲノム編集技術を用い、バックグラウンドノイズの原因となるイヌ由来MDR1をノックアウト下上で、ヒトトランスポーター遺伝子をノックインしたMDCK II細胞株です。
【コントロール ノックアウト細胞】
Canine MDR1 Knockout MDCK II control
【ノックアウトおよびノックイン細胞】
Canine MDR1 Knockout/Human MDR1 Knockin
Canine MDR1 Knockout/ Human BCRP Knockin
FDA/EMA非臨床試験ガイダンスに収載された哺乳類ABCトランスポーターについて、HEK293細胞、その他哺乳類細胞、昆虫細胞で発現させた高活性膜ベシクルとアッセイキットです。
   
ADME/Tox研究用デバイス アッセイプロトコール(英語) ラーニングセンター(英語)
お問い合わせ
非臨床In vitro アッセイ試験でご使用いただける、細胞培養デバイスから人工膜系アッセイ用フィルターまで各種革新的プラットフォームをご紹介しています。 ADME/Tox Learning Center (英語)
技術情報、レビュー、ポスターFDAおよびEMAガイドラインなどをご覧いただけます。

テクニカルサポートお問い合わせフォーム