ADME/Tox & DMPK in vitro systems

トランスポーターアッセイ用膜ベシクル

ベシクルトランスポーターアッセイは、ABCトランスポーターを発現したいわゆる“反転”膜ベシクルを用いて実施されます。反転膜ベシクルおよびATPの存在下で、トランスポーターの基質をインキュベートすることにより、ベシクルへの基質の蓄積を測定することが可能です。
SOLVO Biotechnology社はBSEP、BCRP、MDR1など複数のABCトランスポーターについて、哺乳類細胞膜におけるコレステロールの重要性と改善された輸送活性を示し1, 2, 3、ヒト細胞発現系を利用した従来法よりも高活性かつ高ダイナミックレンジなアッセイキットを供給しています。

  • トランスポーターアッセイに
  • 試験化合物の薬物相互作用の評価に

反転膜ベシクルのモデル図

低バックグラウンドノイズ(例:BSEP)

Figure 1. 発現細胞によるトランスポーターベシクルのダイナミックレンジ比較
従来の昆虫細胞(Sf9、Hi5)を用いた場合と比較して、HEK293細胞で発現させたベシクルは約4倍高いダイナミックレンジを示した。

従来法との高い相関性(例:BSEP)

Figure 2. Sf9細胞とHEK293細胞での比較
31種の化合物を用いた比較検討では、Sf9細胞発現ベシクルまたはHEK293細胞発現ベシクルを用いたIC50値に差異は示されなかった。

参考文献

  1. Emese Kis, et al. Effect of Membrane Cholesterol on BSEP/Bsep Activity: Species Specificity Studies for Substrates and Inhibitors. Drug Metab Dispos. 2009;37(9):1878-86. PMID:19520776
  2. Pál A, et al. Cholesterol Potentiates ABCG2 Activity in a Heterologous Expression System: Improved in Vitro Model to Study Function of Human ABCG2. J Pharmacol Exp Ther. 2007;321(3):1085-94. PMID:17347325
  3. Herédi-Szabó K, A P-gp vesicular transport inhibition assay - optimization and validation for drug-drug interaction testing. Eur J Pharm Sci. 2013;49(4):773-81. PMID:23684934

Figure 3. 基質輸送試験
ATP存在下でベシクル(BCRP)と基質(Estrone-3-Sulfate )の酵素反応曲線

Figure 4. 阻害試験
ATP存在下でベシクル(BCRP)と基質( Estrone-3-Sulfate )混合物を阻害剤(Prazosine)処理した際の阻害反応曲線

製品情報

HEK293細胞発現薬物トランスポーターベシクル

製品名 発現細胞 濃度 容量 保存温度 製品番号
SB-MRP4-HEK293 HEK293細胞 5 mg/mL 500 μL -80℃ SBVT07-1EA
SB-MRP5-HEK293 SBVT08-1EA
SB-MRP2-HEK293 SBVT14-1EA
SB-MRP3-HEK293 SBVT15-1EA
SB-MDR1-HEK293 SBVT16-1EA
SB-BCRP-HEK293 SBVT17-1EA
SB-BSEP-HEK293 SBVT18-1EA
SB-ratMrp2-HEK293 SBVT13-1EA
SB-ratBsep-HEK293 SBVT21-1EA
SB-mouseMdr1a-HEK293 SBVT19-1EA
SB-cyBSEP-HEK293 SBVT27-1EA
SB-dogBSEP-HEK293 SBVT28-1EA
SB-cyMDR1-HEK293 SBVT29-1EA
SB-cyBcrp-HEK293 SBVT30-1EA

昆虫細胞および哺乳類細胞発現薬物トランスポーターベシクル

製品名 発現細胞 カルタヘナ法
該当
濃度 容量 保存温度 製品番号
SB-MDR1-K K562細胞   5 mg/mL 500 μL -80℃ SBVT01-1EA
SB-BCRP-M MCF7細胞   SBVT09-1EA
SB-BSEP-Sf9  Sf9細胞* SBVT02-1EA
SB-BSEP-Hi5 Hi5細胞* SBVT03-1EA
SB-MRP1-Sf9  Sf9細胞* SBVT04-1EA
SB-MRP2-Sf9  Sf9細胞* SBVT05-1EA
SB-MRP3-Sf9  Sf9細胞* SBVT06-1EA
SB-ratMdr1b-Sf9-HAM Sf9細胞*
(コレステロール搭載High Activity Membrane)
SBVT20-1EA
SB-mouseBsep-Sf9 Sf9細胞* SBVT12-1EA

*baculovirus infected

コントロールメンブレン

製品名 発現細胞 カルタヘナ法
該当
濃度 容量 保存温度 製品番号
SB-K-CTRL K562細胞   5 mg/mL 250 μL -80℃ SBCT01-1EA
SB M CTRL MCF7細胞   SBCT02-1EA
SB beta gal Sf9 CTRL Sf9細胞* SBCT03-1EA
SB-beta-gal-Hi5-CTRL Hi5細胞* SBCT04-1EA
SB-HEK293-Mock-CTRL HEK293細胞   SBCT06-1EA
SB-beta-gal-Sf9-HAM-CTRL Sf9細胞* SBCT10-1EA

PREDIVEZ™ベシクルトランスポートアッセイ試薬キット

一般的にベシクルトランスポートアッセイにおいては、放射性同位体標識されたレポーター基質が使用されていますが、SOLVO Biotechnologyは、プローブ基質を使用するNon-RIのReady-to- Useのキットを開発しました。

特長

  • 薬物トランスポーターの相互作用を調べるためのシンプルで強力なツール
  • 反転膜ベシクルおよびATP存在下で排出トランスポーターの基質を処理することにより、ベシクルへのプローブ基質の蓄積を測定可能

※本キットにベシクルは添付されておりません。別途お買い求めください。

構成品

  • バッファー
  • プローブ基質
  • 典型阻害剤
製品名 保存温度 検出 カタログ番号
SB PREDIVEZ™ Reagent Kit for MDR1/P-gp -20℃ Liquid Scintillation or LC/MS SBPVR1-9RXN
SB PREDIVEZ™ Reagent Kit for MRP1 Fluorescent SBPVR2-9RXN
SB PREDIVEZ™ Reagent Kit for MRP2, MRP3, and MRP5 Fluorescent SBPVR3-9RXN
SB PREDIVEZ™ Reagent Kit for BCRP Fluorescent SBPVR4-9RXN

PREDEASY™ ATPaseアッセイキット

SOLVOのPREDEASY™ ATPaseアッセイキットは、便利なReady-to-UseパッケージのATPase依存性ABCトランスポーター相互作用測定キットです。
ATPaseアッセイは、試験化合物とトランスポーターとの相互作用の性質を示すために設計されたin vitro膜アッセイです。ATPase活性を測定することにより、高レベルヒトあるいはげっ歯類野生型トランスポーターを含む、ヒトあるいは昆虫細胞の膜を用いて、トランスポーターの活性化および阻害の両方を調べることが可能です。
ABCトランスポーターは、ATP加水分解に由来するエネルギーを用いて、濃度勾配に対して基質の輸送を媒介します。これはトランスポーター活性に比例し、比色法で容易に検出可能です。

特長

  • 便利なReady - to - Use
  • 被験物質の膜透過性に依存しない手法
  • 低膜透過性、高膜透過性化合物の評価に適用可能
  • 定量、確認のために放射性同位体やLC-MS/MSは不要
構成品
  • ベシクル
  • バッファー
  • プローブ基質
  • 典型阻害剤
キット同梱CD
  • プロトコール
  • データシート
  • SDS
  • データ処理ソフト
  • 評価テンプレート
  • 参照データ
 
製品名 発現細胞 カルタヘナ法該当 検出 カタログ番号
SB-MDR1-Hi5-PREDEASY-ATPase kit Hi5細胞 分光測光法 SBPE01
SB-MRP2-Sf9-PREDEASY-ATPase kit Sf9細胞 SBPE03
SB-BCRP-M-PREDEASY-ATPase kit MCF7細胞   SBPE05
SB-ratMdr1b-Sf9-PREDEASY-ATPase kit Sf9細胞 SBPE06
SB-mouseBsep-Sf9-HAM-PREDEASY-ATPase kit Sf9細胞
(コレステロール搭載
High Activity Membrane)
SBPE13