老化の研究 - Hallmarks of Aging

栄養感知の制御不全 - Deregulated Nutrient Sensing

 

Hallmarks of Aging episode 5 Deregulated Nutrient Sensing

代謝活動は細胞にストレスを与えます。代謝活性、栄養条件と組成の過剰な変化は細胞をより早く老化させる原因です。

時間の経過とともに、代謝と代謝副産物は酸化ストレス、ERストレス、カルシウムシグナル伝達、ミトコンドリアの機能不全を介して細胞を損傷します。それゆえ、生物は、多すぎず少なすぎず、身体に適切な量の栄養を確実に摂取するために、複数の栄養感知経路に依存しているのです。しかし、細胞機能のダメージにつながる現象は栄養感知分子と下流経路の制御を不全にします。その結果、間違った方向へ導かれた視床下部は身体が実際に食物を必要としないときでも、より多く食物摂取をするためのシグナルを送ってしまいます。すると、老化に伴う肥満、糖尿病、他の代謝性疾患が起こります。更に悪化すると、JNKとIKKのクロストークを介して起こる肥満性あるいは糖尿病性の慢性炎症が更に栄養感知の制御を攪乱します。

おそらく、非常に多くの相互依存している経路が代謝を老化に結びつけるため、これらの経路はアンチエイジング治療の研究において最も注目されています。ここ10年では、今のところマウスやモデル生物に限定して示されているのみですが、レスベラトロールとカロリー制限の効果がかなり話題を呼びました。今日までにヒトの寿命延長対策として証明されているのは、断続的なカロリー制限(すなわち断食)だけです。

知っていましたか?
【その1】 ブルーベリーは健康的な栄養素のすばらしい源であり、世界の最も優れた健康食品のうちのひとつです。ブルーベリーは、抗酸化物質、ビタミン、ミネラルなど多岐にわたる生理活性成分を含有しており、健康な骨の維持、血圧の低下、糖尿病の管理、癌の予防、メンタルヘルスの改善、および健全な消化を助けることが知られています。
【その2】 運動とカロリー制限は、DNA複製ストレスの減少、DNA損傷の減少、炎症シグナルの減少および代謝活性と損傷が引き金となる副産物の全体的な減少を介して、寿命の延長をもたらします。

特徴と疾患

急速で制御不能な細胞分裂によって特徴づけられるがんは、テロメア短縮と拮抗するテロメラーゼ活性の異常亢進に由来しているかもしれません。テロメアが失われないために、がん細胞は分裂し続け、不死化します。この事実から、テロメアとテロメラーゼは抗がん剤開発の魅力的なターゲットとなっています。

Sirtuin検出
Sirtuin HDAC Assays
サーチュインとして知られるクラスIIIヒストン脱アセチル化酵素(HDACs)は、タンパク質基質やペプチド基質の脱アセチル化をNAD+からのニコチンアミドの生成およびO-アセチル-ADPリボースの生成に共役させるクラスI、クラスII HDACsとは異なる反応機構を持っています。 哺乳類のサーチュインは7種類で構成され、Sirt1-7と呼ばれています。それぞれNAD+結合性触媒ドメインを持ちますが、N末端、C末端、細胞内局在、基質選択性、生物学的機能が異なります。サーチュインは、その活性化が老化そのものや糖尿病などの老化関連疾患の発症の減少をもたらすという知見から、非常によく研究されています。
技術情報誌Techfocus vol.4 P7

栄養感知におけるサーチュインの生物学的役割の一層の理解において研究者たちは、未標識の野生型ペプチド基質を利用した代替アッセイから利益を受けるはずです。この分析は発色団介在性のサーチュイン活性化という複雑な現象を除外したサーチュイン研究を実現します。
生理条件により近い方法でサーチュイン活性を測定し、サーチュインアイソフォームと潜在的な基質の多様性に対する方向づけをするために、SIRTainty assayプラットフォームは、原理的には全ての適切な基質を用いたサーチュイン活性分析を可能にします。

以下の関連製品をご確認ください。

製品名 CAS番号 カタログ番号
Akt/mTORシグナル伝達    
FlowCellect™ PI3K-mTOR Signaling Cascade kit   FCCS025210
Sirtuins - タンパク質    
SIRT1, GST-Fusion, Human, Recombinant, E. Coli   524743-100UG
SIRT5 (His-tag) human recombinant - HDAC protein   03-230
関連抗体    
Anti-SIRT1, clone 10E4   04-1557
Anti-SIRT2   09-843
Anti-SIRT3 (C-terminus)   07-1596
Anti-SIRT4 Antibody   ABE800
Anti-SIRT4 Antibody, clone 4F9.1   MABE223
活性測定キット    
SIRTainty™ Class III HDAC Assay   17-10090
関連低分子化合物    
Suramin, Sodium Salt 129-46-4 574625-50MG
Suramin, Sodium Salt 129-46-4 574625-200MG
SIRT 1/2/3 Pan Inhibitor   5.05479.0001
SIRT1 Inhibitor III 49843-98-3  566322-5MG
SIRT1/2 Inhibitor IV, Cambinol 14513-15-6 566323-5MG
SIRT2 Inhibitor, AGK2 304896-28-4 566324-5MG
SIRT1 Inhibitor IV, (S)-35 848193-72-6 566325-500UG
SIRT2 Inhibitor, Inactive Control, AGK7 304896-21-7 566326-5MG
SIRT1/2 Inhibitor VII  143034-06-4 566327-10MG
SIRT1/2 Inhibitor VIII, Salermide 1105698-15-4 566330-10MG
SIRT2 Inhibitor II, AK-1  330461-64-8 566331-10MG
Sirt1 Inhibitor VII, Inauhzin   566332-10MG
Sirtinol 410536-97-9 566320-5MG
InSolution™ Sirtinol 410536-97-9 566321-1MG

お問合せ先

メルク ライフサイエンス リサーチ&バイオロジー