カスタム製品(DNA、RNA、ペプチド、抗体)

Scorpions™ プローブ

Scorpions™ プローブ

Scorpionsプローブは、qPCR用に設計された高感度、配列特異的、デュアルラベル蛍光プローブ/プライマーハイブリッドです。

Scorpionsプローブは次の目的にお使いください:

  • SNP検出
  • 対立遺伝子の区別
  • 病原体検出
  • マルチプレックス
  • ウイルス量の定量化
  • 遺伝子発現解析
  • 遺伝子コピー決定
  • エンドポイント遺伝子タイピング

プローブとプライマーは単一の分子に組み込まれているため、このプローブの反応は大変高速です。蛍光シグナルの発生に至る反応はほとんどすぐに起こり、競合する副反応よりも前に起こります。このためScorpionsプローブは、他の従来の二分子メカニズムよりも強力なシグナル、短い反応時間、優れた識別性を提供します。これはまたより信頼性の高いプローブデザインを可能にします。

プローブの使用には次の利点があります:

  • 特異性が高い
  • 高速アンプリコン検出
  • 優れたシグナル対ノイズ比

LNA Base 挿入のメリット

  • 熱安定性とハイブリダイゼーション特異性の向上
  • SNP検出と対立遺伝子識別での精度向上
  • 困難なターゲットシーケンスのための、より簡単で感度の高いプローブ設計

ユニプローブScorpionsプローブの働き

Scorpionsユニプローブは、5'端レポーターとブロッカーを介してPCRプライマーの5'端に直接結合した内部クエンチャーを持つヘアピンループ構造に保持された一本鎖デュアルラベル蛍光プローブ配列で構成されています。ブロッカーは、ポリメラーゼがPCRプライマーを伸長するのを防止します。

How Uni-Probe Scorpions Probes Work

qPCRの開始時にポリメラーゼはPCRプライマーを伸長させ、特異的標的シーケンスの相補鎖を合成します。次のサイクルではヘアピンループが広がり、プローブのループ領域が新たに合成された標的シーケンスに分子内でハイブリダイズします。これでレポーターはもはやクエンチャーに近接していませんので、蛍光発光が起こります。蛍光シグナルは、qPCR装置で検出され、これは標的DNAの量に正比例します。

製品の特長:

  • 保証収量:1、5、10 OD
  • 精製: HPLC
  • シーケンス長: 30~60塩基
  • 品質管理: 100%質量分析
  • 形態:乾燥状態で納品

Sigmaのプローブは、実験計画を簡素化する形態でお届けしています。

保証収量

保証収量(OD) 概算nmoles 概略 μg 概略反応数*
1 2 32 400
5 10 160 2,000
10 20 320 4,000

*評価は1ODに対しては2nmoleまたは32µg、25µl反応では200nMに基づいています (5.0pmol/反応)。評価は平均シーケンス長50塩基に基づいています (ユニプローブ)。

次のレポーターとクエンチャーの組み合わせがご利用いただけます。Scorpionsプローブには、HEG (ヘキシエチレングリコール) ブロッカーが含まれています。

ユニプローブラベル

※この組み合わせ以外は要問合せ。

5'レポーター 内部クエンチャー
5'FAM,HEX,TET 3'BHQ-1dT

出荷スケジュール

保証収量(OD) 出荷予定
1 OD 11営業日~
5 OD 12営業日~
10 OD 12営業日~