遺伝子機能解析

shRNA

 

MISSION® shRNA

遺伝子サイレンシングの長期観察、トランスフェクションが困難な細胞や非分裂細胞でのRNAi 実験が可能なノックダウンシステムが欲しいと思いませんか?The RNAi Consortium (TRC) とSigma がその解決法をお届けします。MISSION shRNAは25万クローンにも及ぶ膨大なコレクションとレンチウイルス デリバリーシステムによる高い導入効率が特長です。また、個別shRNAクローンのご提供だけでなく、プールドタイプ、アレイタイプのshRNAライブラリーや各種カスタムクローニングサービスなど様々なニーズにお応えいたします。

 

MISSION RNAi 総合カタログ (PDF 18MB)

※リンクPDFカタログは旧価格が掲載されております。現在の価格はこちら

 

フォーマット
対象 標準納期 製品番号 1クローン 5クローンセット
旧希望販売価格 新希望販売価格 旧希望販売価格 新希望販売価格
大腸菌グリセロールストック ヒトゲノム、マウスゲノム 2-3週間 SHCLNG 72,500 25,000 145,000 50,000
精製プラスミドDNA ヒトゲノム、マウスゲノム 3-4週間 SHCLND 90,000 60,000 180,000 115,000
レンチウィルス粒子 ヒトゲノム、マウスゲノム 4-6週間 SHCLNV 105,000 70,000 210,000 125,005

ご注文

 

 

ご注文フロー、用紙記入例 (PDF 1.06MB)

注文用紙 (PDF 1.0MB)

カルタヘナ法対応について (PDF 275KB)

 

製品番号 バージョン 総クローン数 総遺伝子数 サブプール数 サブプールあたりのクローン数
SHPH01-1SET MISSION(R) LentiPlex(R) Human Pooled shRNA Library 80,000+ 16,000+ 10 8,000
SHPH15-1SET MISSION(R) LentiPlex(R) Human Pooled shRNA Library TRC1.5 25,000+ 6,000+ 3 8,000
SHPH2-1SET MISSION(R) LentiPlex(R) Human Pooled shRNA Library TRC2 20,000+ 5,000+ 3 6,000
SHPHLIBR-1SET MISSION(R) LentiPlex(R) Complete Human Pooled shRNA Library 125,000+ 20,000+ 16 6,000 or 8,000
SHPM01-1SET MISSION(R) LentiPlex(R) Mouse Pooled shRNA Library 75,000+ 15,000+ 10 8,000
SHPM15-1SET MISSION(R) LentiPlex(R) Mouse Pooled shRNA Library TRC1.5 10,000+ 7,000+ 2 5,500
SHPM2-1SET MISSION(R) LentiPlex(R) Mouse Pooled shRNA Library TRC2 25,000+ 4,000+ 3 8,000
SHPMLIBR-1SET MISSION(R) LentiPlex(R) Complete Mouse Pooled shRNA Library 110,000+ 21,000+ 15 5,500 or 8,000

MISSION shRNA製品概要

網羅的なshRNAクローンコレクション

  • 約25万のクローニング済みshRNAクローン
  • ヒト2万以上、マウス2万1千以上の標的遺伝子

 

レンチウイルスをベースとしたRNAiに最適なシステム

  • エンベロープタンパクをVSV-Gに置換することで、幅広い細胞種に感染可能
  • 非分裂細胞を含むほぼ全ての細胞種に導入可能

 

効率的なノックダウン効果が得られるshRNAデザイン

  • Broad Instituteの特異性の高い設計アルゴリズムを使用
  • 1遺伝子に対し約5クローン以上が設計されており、標的遺伝子を網羅的にカバー

 

豊富な製品フォーマット

  • 大腸菌グリセロールストック、プラスミドDNA、レンチウイルス粒子の3種類のフォーマットでご提供
  • 単一クローン、アレイライブラリー、プールライブラリーなど様々な製品ラインナップ

 

様々なオプション

  • ベクターの変更(薬剤マーカー、蛍光タンパク質、IPTGによる発現誘導)
  • ウイルスタイターの変更
  • ウイルス容量の変更

 

▲ Back to Top

フォーマット 製品番号 基本仕様
大腸菌グリセロールストック SHCLNG 保管温度:-70℃ , 内容物:Terrific Broth, carbenicillin 100 mg/mL, 15% glycerol
プラスミドDNA SHCLND 保管温度:-20℃ , 容量:50 μL , 内容物:1 μg プラスミドDNA,
20 ng/μL Tris-EDTA buffer
レンチウイルスパーティクル SHCLNV 保管温度:-70℃ , 容量:200 μL , 内容物:106 TU/mL ,
液体培地(DMEM, 10% FBS、penicillin-streptomycin)

 

ご注文方法

 

プロトコール

 

バリデートデータと保証の範囲

  • 保証の範囲
  • Broad Institute によって開発された独自のアルゴリズムに基づいてデザインされたMISSION shRNA は、クローンセット中、1クローン以上が70% 以上のノックダウンレベル示す事を保証します。
  • 保証の条件
    • 保証は下記条件を全て満たした場合のみ適用となります。
      • クローンセットをご購入いただいた場合。
      • 適切なコントロールにてノックダウンを検証済みの場合。
      • 導入されたshRNA が十分に発現している事を確認された場合。
  • ノックダウンが確認されなかった場合
    • 下記、何れかの方法で対応させていただきます。
    • 弊社営業、またはテクニカルサポートまでご連絡ください。
      • 別のクローンを1つ無償提供
      • 別の製品によって、金額相当の無償提供
      • 金額相当のご返金
  • バリデートデータとは
    • バリデートデータは、Broad Instituteにて50%以上のノックダウン効果を示したものを表示しております。これらのデータは表示された方法を用いて、表示された細胞において検証されたノックダウンレベルとなります。お客様の実験系におけるノックダウンレベルを保証したものではありません。予めご了承ください。

▲ Back to Top

MISSION® shRNAコントロール/パッケージング

shRNAコントロール

 

レンチウイルス パッケージングミックス

▲ Back to Top

カスタム shRNA

カスタムクローニングサービス

 

レンチウイルス作製サービス

▲ Back to Top

MISSION® Inducible shRNA

iPTG inducible shRNA

▲ Back to Top

MISSION® Targeted Integration shRNA kit

CompoZr Zinc Finger Nucleaseを用いてshRNAをヒトAAVS1領域へ挿入することで、表現型に影響を与える可能性のあるshRNAのランダム挿入を抑制

▲ Back to Top

ExpressMag Lentiviral Delivery Reagent

  • マグネットビーズを用いて感染効率の向上や作業時間の短縮が可能
  • 接着細胞株以外にも浮遊細胞や初代培養細胞にも適応

▲ Back to Top

MISSION® shRNA Gene Family Sets

  • NCBI、Gene Ontology Protein Lounge、Ingenuity Systems より遺伝子機能や相互作用情報を抽出し、作製した各種遺伝子機能別shRNAライブラリー
  • 大腸菌グリセロールストック、プラスミドDNA、レンチウイルスの3種類のフォーマットから選択可能

▲ Back to Top

MISSION® LentiExpress Human Kinases

  • ヒトキナーゼ関連遺伝子を500遺伝子以上、3,200以上のshRNAクローンを搭載したshRNA ライブラリー
  • レンチウイルス化されたshRNAを配置済みのため、目的細胞をウェルも加えることで実験が可能
  • Reverse transfection法を採用することで、レンチウイルスによる迅速なshRNAスクリーニングが可能

▲ Back to Top

MISSION® LentiPlex Pooled Whole Genome Library

▲ Back to Top

カスタムshRNA Library

  • TRCライブラリーよりお客様が選択されたクローンをカスタムライブラリーとしてご提供するサービス
  • 大腸菌グリセロールストック、プラスミドDNA、レンチウイルスの3種類より選択可能
  • レンチウイルスはプール化ライブラリーとしてのご提供も可能

▲ Back to Top