ライフサイエンス

ライフサイエンス ラーニングセンター

 

オンラインセミナー

ライフサイエンス ウェビナー

インターネット上でリアルタイムで開催される無料セミナーです。お客様はインターネットで参加し、チャットを使って質問も可能です。オフィスにいながらセミナーに参加できると好評をいただいているセミナーです。

最新ウェビナー情報

少量で小さなタンパク質の新規検出方法[英語]
8月6日12:00~
研究の難しい血しょう中の小さなタンパク質を容易に検出できる新たな方法について解説します。合わせてタンパク質質量分析用に最適化された製品もご紹介します。

オンデマンドセミナー

過去のウェビナーのアーカイブ(オンデマンド版)を公開しています。お好きな時間に会社や自宅や出張先にいながらご覧頂けるビデオ式のセミナーです。

オンデマンドセミナー一覧はこちら

情報誌・研究レポート

情報誌 SigMania シグマニア

情報誌 SigMania Vol.6

バイオロジー研究に役立つ新製品と注目の試薬を一気に紹介した情報誌 SigMania Vol.6を発刊しました。
今回は『スクリーニング』をテーマに、NGSで創薬スクリーニング「DNA コード化ライブラリー」やELISAの効率化に「マルチプレックスアッセイ」などご紹介。
巻末にクロスワードもご用意。実験の待ち時間などで、ぜひお楽しみください。

最新号詳細はこちら

バックナンバー

Techfocus

▼ 2015~2016年の情報誌

(※2017年からウェブコンテンツになりました)

タイトル 関連技術
Techfocus Vol. 7
シグナル伝達研究


(カタログ番号:BIM244)
  • 15種類のヒト補体因子に対する多項目同時測定
  • マクロファージにおけるNO産生量とアポトーシス誘導効果の相関解析
  • 【連載】阻害剤の基礎知識3
Techfocus Vol. 6
がん研究


(カタログ番号:BIM232A)
  • 分子局在を加味したがん幹細胞集団の検出
  • 細胞種ごとのエクソソーム取り込み能力の差の解析のための最新イメージング技術
  • 【連載】阻害剤の基礎知識2
Techfocus Vol. 5
再生医療


(カタログ番号:BIM219)
  • 間葉系幹細胞培養の最適化
  • 再生医療製品等の製造に使用する水の基準
  • 再生医療製品等の製造環境管理
  • 卓上型フローサイトメーターによる細胞パラメータ多項目同時測定
  • 【連載】阻害剤の基礎知識1
Techfocus Vol. 4
個体を視る - ホルモンと代謝制御


(カタログ番号:BIM198A)
  • タンパク質多項目同時定量(マルチプレックスアッセイ)
  • 代謝性疾患研究
  • エクソソーム精製法
  • バッファー調製の基礎知識
  • 分析前処理フィルター選択のポイント
Techfocus Vol. 3
組織を視る - 幹細胞・発生


(カタログ番号:BIM185A)
  • ガン幹細胞の検出
  • 遺伝子改編とモデル生物
  • 神経変性疾患の検出と解析
  • バッファー使用上の前提と注意点
Techfocus Vol. 2
細胞を視る - プログラム細胞死


(カタログ番号:BIM164A)
Techfocus Vol.1
分子を視る - タンパク質とRNAの視覚化


(カタログ番号:BIM150B)
  • タンパク質局在の可視化
  • RNAをマーカーとしたセルソーティング
  • ノンコーディングRNAの構造と機能解析
  • 細胞運動の可視化
  • ウェスタンブロッティング

※ 表紙画像またはタイトルをクリックすると、PDFファイルがダウンロードできます。

※ 各冊子の印刷版をご希望の方は、各々のカタログ番号と冊数、送付先を問合せ先までご連絡ください。尚、数に限りがありますので、必ずしもご要望にお応えできない場合がございます。

※ 印刷版の定期購読は受け付けておりませんので、予めご了承ください。

※ Techfocus中に掲載の製品希望販売価格は、発行年度のものです。また、キャンペーン情報も記載期間のみ有効な内容になっております。最新の情報とは異なる場合がありますので、ご了承ください

最新バージョンのAdobe Readerのダウンロード

ニュースレター Biofiles

ニュースレター 一覧

注目の研究分野特集

ライフサイエンス研究の最新知見や技術を探求するScience Questです。研究分野ごとに主な特徴ごとに分かりやすく解説しています。

お客様の声

製品ユーザー様の声

研究レポート・インタビュー

ライフサイエンス研究の様々な分野で活躍する研究者の方に、研究背景や内容、その具体的な取り組み、今後の展望などについて伺いました。

研究レポート・インタビュー

各種ラーニングツール・読み物