細胞アプリケーション

【参考】リベラーゼ新旧対応表

目次

> 旧リベラーゼブレンド酵素とリベラーゼ研究用グレード試薬の対応表
> 研究用グレードリベラーゼのアプリケーション
> 旧リベラーゼのアプリケーションリスト
> リファレンス

旧リベラーゼブレンド酵素とリベラーゼ研究用グレード試薬の対応表

Previous Products   Liberase Research Grade (second generation products)
Liberase PI Liberase DL Research Grade
Liberase Blendzyme 1 Liberase DH Research Grade
Liberase CI
Liberase RI
Liberase TL Research Grade*
Liberase Blendzyme 2
Liberase Blendzyme 3
Liberase TM Research Grade**
Liberase Blendzyme 4 Liberase TH Research Grade
Liberase HI Liberase Grade MTF C/T GMP

*(composition corresponds to the former Liberase RI enzyme blend)
**(composition corresponds to the former Liberase Blendzyme 3)

研究用グレードリベラーゼのアプリケーション

旧タイプのリベラーゼ酵素ブレンドは、アプリケーション リストに記載の用途に対応しています。適切なプロトコールを選択して、以下のようにリベラーゼ リサーチ グレードの濃度を再計算します。

旧タイプのリベラーゼとリベラーゼ ブレンザイムに対して示されるmg/バイアルの量は、総タンパク質量(コラゲナーゼ I + コラゲナーゼ II + 中性プロテアーゼ)を意味する一方、リベラーゼ リサーチ グレード精製ブレンド酵素のmg/バイアルの指標は、コラゲナーゼの総量を意味し、中性プロテアーゼのタンパク質量は考慮されません。
このため、旧世代リベラーゼ酵素のコラゲナーゼ濃度は、mg/mlの代わりにWünsch Unit/mlで表示されています。

ヒト肝細胞の分離・換算例

該当するプロトコールを表から選択した場合、最終濃度100 µg/mlでリベラーゼCIを使用することが推奨されています。
上記の対応表から、旧タイプのリベラーゼCI代替品であるリベラーゼ TL リサーチグレードを特定します。
リベラーゼ TL リサーチグレードの作業濃度を得るために、旧リベラーゼの濃度をmg/mlからWU/mlに換算します。
旧タイプ リベラーゼのWUを特定するには、アプリケーション リスト中のリベラーゼ製品一覧表を参照してください。


Example Calculation

Liberase CI: 250 mg = 1000 Wünsch units -> 100 µg = 0.4 WU
Liberase TL Research Grade: 1梱包(10 mg; 2 x 5 mg) = 26 WU

バイアル1本分の2.0 ml懸濁液(Liberase TLストック溶液)を作成した場合の濃度: 13 WU/ml -> 0.4 WU = Liberase TLストック溶液30.77 µl 分

ヒト肝細胞の分散を行う場合、バッファ1 mlあたりLiberase TLストック溶液を31 µl 添加する。


Note:リベラーゼ リサーチグレード酵素は、従前のリベラーゼ酵素と比べて、コラゲナーゼ I + IIの純度が大幅に高くなっています。 このため、各アプリケーションにおいても、インキュベーション時間を至適化する必要があります。 ほとんどのアプリケーションにおいて、インキュベーション時間を10~30%減らすと、良好な結果が得られることが報告されています。
以下に示すアプリケーション情報はガイドラインであり、実験のエンドポイントにより、個別に異なる酵素タイプや濃度によって酵素の最適化を必要とする場合があります。 しかし、プロトコールに適切なリベラーゼ リサーチグレードと濃度をいったん設定すれば、再度条件検討する必要はありません。
アプリケーションを特定したら、最適な条件検討の指針のページに進み、プロトコールの最適化に関する情報を入手して下さい。

旧リベラーゼのアプリケーションリスト

Cell Type Species Liberase Enzyme Blend Concentration Method
Islet Baboon HI 0.47 mg/ml Selvaggi, 1997
Kenyon, 1999a
Rhesus HI 0.47 mg/ml Kenyon, 1999b
Porcine PI 1.50 mg/ml  
Canine CI 0.83 mg/ml  
Rodent RI 0.23 mg/ml  
Hepatocyte Human CI 0.10 mg/ml Olinga, 1998
Porcine CI 0.10 mg/ml Gerlach, 1996
Rodent Blendzyme 3 0.023 mg/ml  
Cardiac myocyte Human Blendzyme 4 0.35 mg/ml  
Feline Blendzyme 1 0.14 mg/ml Sato, 1997
Rabbit Blendzyme 1 0.03 mg/ml  
Rat Blendzyme 4 0.13 mg/ml  
Rat Blendzyme 3 0.03 mg/ml  
Mouse Blendzyme 4 0.10 mg/ml  
Skeletal muscle myoblast Mouse Blendzyme 3 0.02 mg/ml  
Endothelial (adipose) Rat Blendzyme 2 0.20 mg/ml Hoying, 1996
Human Blendzyme 1 0.30 mg/ml Williams, 1995
Endothelial (umbilical vein) Human Blendzyme 2 0.10 mg/ml Jaffe, 1973
Endothelial (aorta) Bovine Blendzyme 2 0.10 mg/ml Schwartz, 1978
Ureter endothelial Mouse Blendzyme 1 1.35 mg/ml  
Parathyroid Bovine RI 0.83 mg/ml Brown, 1999
Adipocyte Rat Blendzyme 3 0.01 mg/ml  

リファレンス

  • Brown AJ, Ritter C, Slatopolsky E, Muralidharan KR, Okamura WH, Reddy GS 1Alpha,25-dihydroxy-3-epi-vitamin D3, a natural metabolite of 1alpha,25-dihydroxyvitamin D3, is a potent suppressor of parathyroid hormone secretion. J Cell Biochem 1999;73(1):106-13.
    Online reference (External Link)
  • Gerlach J, Brombacher J, Smith M, Neuhaus P, High yield hepatocyte isolation from pig livers for investigation of hybrid liver support systems: influence of collagenase concentration and body weight. J Surg Res 1996;62(1):85-9.
    Online reference (External Link)
  • Hoying JB, Boswell CA, Williams SK, Angiogenic potential of microvessel fragments established in three-dimensional collagen gels. In Vitro Cell Dev Biol Anim 1996; 32(7)409-419.
    Online reference (External Link)
  • Jaffe EA, Nachman RL, Becker CG, Minick CR. Culture of human endothelial cells derived from umbilical veins. Identification by morphologic and immunologic criteria. J Clin Invest 1973; 52(11):2745-56.
    Online reference (External Link)
  • Kenyon NS, Fernandez LA, Masetti M, Lehmann R, Ranuncoli A, Chatzipetrou M, Han D, Iaria G, Wagner JL, Ruiz P, Berho M, Inverardi L, Alejandro R, Kirk AD, Harlan DM, Burkly LC, Ricordi C. Long-term survival and function of intrahepatic islet allografts in baboons treated with humanized anti-CD154. Diabetes, 1999; 48(7):1473-81.
  • Kenyon NS, Chatzipetrou M, Masetti M, Ranuncoli A, Oliveira M, Wagner J, Kirk AD, Harlan DM, Burkly LC, Ricordi C. Long-term survival and function of intrahepatic islet allografts in rhesus monkeys treated with humanized anti-CD154. PNAS, 1999; 96:8132–8137.
  • Olinga P, Merema M, Hof IH, de Jong KP, Slooff MJ, Meijer DK, Groothuis GM. Effect of human liver source on the functionality of isolated hepatocytes and liver slices. Drug Metab Dispos 1998;26(1):5-11.
    Online reference (External Link)
  • Sato H, Nagai T, Kuppuswamy D, Narishige T, Koide M, Menick DR, Cooper G 4th Microtubule stabilization in pressure overload cardiac hypertrophy. J Cell Biol 1997 17;139(4):963-73.
    Online reference (External Link)
  • Schwartz SM. Selection and characterization of bovine aortic endothelial cells. In Vitro 1978;14(12):966-80.
    Online reference (External Link)
  • Selvaggi G, Fernandez L, Bottino R, Lehman R, Kenyon NS, Inverardi L, and Ricordi C. Improved baboon pancreatic islet cell isolation. Transplant Proc. 1997; 29:1967-1968.
    Online reference (External Link)
  • Williams SK, McKenney S, Jarrell BE, Collagenase lot selection and purification for adipose tissue digestion. Cell Transplant 1995;4(3):281-9.
    Online reference (External Link)
ゲノミクス、プロテオミクス、細胞アプリケーション用の研究用試薬・キットがSigma-Aldrichからご利用いただけます