生体材料(バイオマテリアル)

ポリオキサゾリン:ポリエチレングリコールの代替材料

水溶性かつ生体適合性を有するポリマーは、ミセルから薬物‐ポリマーコンジュゲートに至る薬物送達用製剤における重要なビルディングブロックです。ポリエチレングリコール(PEG)は、薬物送達用製剤に使用される生体適合性を有する不活性ポリマーの標準的な材料として知られています。しかし、薬物の多様性が広がるにつれて、これら薬物に最適な材料特性を持つポリマーの需要が高まっており、生体適合性と多機能性を併せ持つ新規ポリマーの開発が期待されています。

ポリ(2-エチル-2-オキサゾリン)およびポリ(2-メチル-2-オキサゾリン)は、PEGの示す好ましい特性を多く持ちながら1–4、その欠点をいくつか回避できるため、様々な生物医学用途におけるPEG代替材料として広く研究されています(表1)。PEGは薬物送達システムに「ステルス」性を付与することができるため、生物医学用途で広く使用されています。PEG化、つまりバイオ医薬品へのPEGのコンジュゲートによって、複数の医薬品が臨床と市場の両方で成功を収めています。従来、PEGは生体不活性だと考えられていましたが、最近では、PEG‐ウリカーゼ5やPEG‐アスパラギナーゼ6による治療を受けた患者から、PEGに対する血清抗体が検出されています。さらに、ある投与前スクリーニングによると、PEG化医薬品による治療を受けたことがない患者でも、その25%以上の患者に抗PEG抗体がすでに存在していました7,8。これは、化粧品から食品までのさまざまな製品にPEGが大量に使用されていることが原因である可能性があります。さらに、PEG化治療薬を繰り返し投与した動物では、PEG化コンジュゲートが腎臓細胞の空胞化を引き起こすことがあります9,10

ポリオキサゾリンの構造

ポリオキサゾリンの構造

ポリ(2-オキサゾリン)はその生体適合性のため、PEGの有力な代替材料となる可能性があります。例えば、ポリオキサゾリンの放射性標識によって、このポリマーが腎臓によって急速に排出され、体内に蓄積しないことが示されています11,12。さらに、ポリ(2-エチル-2-オキサゾリン)やポリ(2-エチル-2-オキサゾリン)ブロック共重合体を使用したin vitro研究では、これらポリマーがPEGより高濃度でも生体適合性を示すことが報告されています13,14。これらの理由から、ポリ(2-オキサゾリン)は、薬物‐ポリマーコンジュゲート(POZylation)15,16、ミセル17、リポソーム二重層へのグラフト18など、様々な製薬および医学用途で研究されています。

表1 PEGとポリ(2-オキサゾリン)の特性比較*

ポリ(2-オキサゾリン) PEG
重合
市販の材料から容易に合成可能 重合が困難
過酸化物を生成しない 過酸化物を生成する
ジオールの不純物がない 最大6%のジオールを不純物として含有
ポリマーの特性
低粘度 高濃度で高粘度
室温で安定 –20℃未満で安定
吸湿性がない
薬物送達用途
食品医薬品局(FDA:Food and Drug Administration)未承認 FDA承認済み
薬物担持量が大きい 薬物担持量が小さい
ペンダント官能基により、能動的ターゲティングが可能 能動的ターゲティングは末端官能基へのコンジュゲートに限定
体内から容易に除去される 蓄積する可能性あり(in vivo)
一部の患者に対して免疫原性を示す可能性あり
空胞形成が観察される

*Viegas et al.15から転載

ポリオキサゾリン、PEGについては左記のページもご参考ください。
「Polumeric Drug Delivery Techniques」バナー
     

References

  1. Chapman, R. G.; Ostuni, E.; Takayama, S.; Holmlin, R. E.; Yan, L.; Whitesides, G. M. J. Am. Chem. Soc. 2000, 122, 8303.
  2. Konradi, R.; Pidhatika, B.; Muhlebach, A.; Textort, M. Langmuir 2008, 24, 613.
  3. Zalipsky, S., Hansen, C. B.; Oaks, J. M.; Allen, T. M. J. Pharm. Sci. 1996, 85, 133.
  4. Pidhatika, B.; Rodenstein, M.; Chen, Y.; Rakhmatullina, E.; Muhlebach, A.; Acikgoz, C.; Textor, M.; Konradi, R. Biointerphases 2012, 7, 1.
  5. Sherman, M. R.; Saifer, M. G.; Perez-Ruiz, F. Adv. Drug Delivery Rev. 2008, 6, 59–68.
  6. Armstrong, J. K.; Hempel, G.; Koling, S.; Chan, L. S.; Fisher, T.; Meiselman, H. J.; Garratty, G. Cancer 2007, 110, 103–11.
  7. Leger, R. M.; Arndt, P.; Garratty, G.; Armstrong, J. K.; Meiselman, H. J.; Fisher, T. C. Transfusion 2001, 41, 29S.
  8. Armstrong, J. K.; Leger, R.; Wenby, R. B.; Meiselman, H. J.; Garratty, G.; Fisher, T. C. Blood 2003, 102, 556A.
  9. Bendele, A.; Seely, J.; Richey, C.; Sennello, G.; Shopp, G. Toxicol. Sci. 1998, 42, 152–157.
  10. Conover, C.; Lejeune, L.; Linberg, R.; Shum, K.; Shorr, R. G. L. Immob. Biotechnol. 1996, 24, 599–611.
  11. Goddard, P.; Hutchinson, L. E.; Brown, J.; Brookman, L. J. J. Controlled Release 1989, 10, 5–16.
  12. Gaertner, F. C.; Luxenhofer, R.; Blechert, B.; Jordan, R.; Essler, M. J. Controlled Release 2007, 119, 291–300.
  13. Kronek, J.; Kronekova, Z.; Luston, J.; Paulovicova, E.; Paulovicova, L.; Mendrek, B. J. Mater Sci Mater Med. 2011, 22, 1725–34.
  14. Luxenhofer, R.; Sahay, G.; Schulz, A.; Alakhova, D.; Bronich, T. K.; Jordan, R.; Kabanov, A. V. J. Controlled Release 2011, 153, 73–82.
  15. Viegas, T.; Bentley, M.; Harris, J.; Fang, Z.; Yoon, K.; Dizman, B.; Weimer, R.; Mero, A.; Paut, G.; Veronese, F. Bioconjugate Chem. 2011, 22, 976–986.
  16. Mero, A.; Pasut, G.; Dalla, Via L.; Fijten, M. W.; Schubert, U. S.; Hoogenboom, R.; Veronese, F. M. J. Controlled Release 2008, 2, 87–95.
  17. Wang, C. H.; Hsiue, G. H. J. Controlled Release 2005, 108, 140–149.
  18. Zalipsky, S.; Hansen, C. B.; Oaks, J. M.; Allen, T. M. J. Pharm. Sci. 1996, 85, 133–137.
ChemNews登録キャンペーン