注目製品のご紹介

GelMA(ゼラチンメタクリロイル)

Ali Khademhosseini教授(Harvard-MIT Division of Health Sciences and Technology, 米国)から、組織工学研究用ゼラチンメタクリロイル(900496など)の製品化のご提案をいただきました。

ゼラチンメタクリロイルは、酵素分解性および調節可能な機械的および生物学的特性など、所望の特徴を有する複合ヒドロゲルプラットフォームを作製するために、PEG1,2、カーボンナノチューブ2、またはその他多くの物質と組み合わせることができる汎用的な材料です。また、3Dバイオプリンティングにおける光重合性ゼラチンメタクリロイルの使用4-7が報告されており、機能的血管ネットワークの形成6や内皮細胞形態の制御8、および心筋細胞の整列9をサポートします。さらに、ゼラチンメタクリロイルは、マイクロスフェア10,11やヒドロゲル12の形態での薬物送達用途にも検討されています。

 GelMAの構造式

     

References

  1. Hutson, C. B.; Nichol, J. W.; Aubin, H.; Bae, H.; Yamanlar, S.; Al-Ahque, S,; Koshy, S. T.; Khademhosseini, A. Tissue Eng. Part A. 2011, 17(13-14), 1713.
  2. Nichol, J. W.; Koshy, S. T.; Bae, H.; Yamanlar, S.; Khademhosseini, A. Biomaterials. 2010, 13(21), 5536.
  3. Shin, S. R. et al. ACS Nano. 2013, 7(3), 2369.
  4. Bertassoni L.E. et al. Biofabrication. 2014, 6, 024105.
  5. Billiet, T.; Gevaert, E.; De Schryver, T.; Cornelissen, M.; Dubruel, P. Biomaterials. 2014, 35(1), 49-62.
  6. Skardal, A.; Zhang, J.; McCoard, L.; Xu, X.; Oottamasathien, S.; Prestwich, G. D. Tissue Eng. Part A. 2010, 16(8), 2675-85.
  7. Boere K.W. et al. Acta Biomater. 2014, 10(6), 2602.
  8. Nikkhah, M. et al. Biomaterials. 2012, 33(35), 9009.
  9. Tsang K.M.C. et al. Adv. Funct. Mater. 2015, 25(6), 977-986.
  10. Cha, C. et al. Biomacromolecules. 2014, 15, 283.
  11. Nguyen, A. H.; McKinney, J.; Miller, T.; Bongiorno, T.; McDevitt, T. C. Acta Biomater. 2015, 13, 101.
  12. Gupta, N. V.; Satish, C. S.; Shivakumar, H. G. Indian J. Pharm. Sci. 2007, 69(1), 64.